4万年前の「カマキリ人間」の岩絵がイランで発見される! 古代の地球に来た宇宙人か、「スクワッターマン」か!?

 岩に描かれた6本足の“カマキリ人間”が意味するものとは――。イランの遺跡で謎の岩絵が発見されて話題だ。

■イランの遺跡で“カマキリ人間”のロックアート

 世界の各地で“カマキリ人間(mantis man)”にまつわる伝承が受け継がれている。一説ではカマキリ人間は古代の地球にやってきて文明をもたらしたエイリアンであるという“古代宇宙飛行士説”に関係しているとの指摘もある。

 このカマキリ人間と思しき岩絵が、イランのホメイン郡にあるテイマレ岩絵遺跡で発見された。

4万年前の「カマキリ人間」の岩絵がイランで発見される! 古代の地球に来た宇宙人か、「スクワッターマン」か!?の画像1
「Journal of Orthoptera Research」の記事より

 この6本の手足を持つユニークな岩絵(ロックアート)は、半分人間、半分カマキリのカマキリ人間と説明されている。 無脊椎動物の岩石彫刻やペトログリフは稀であるため、昆虫学者は考古学者と協力してこの岩絵のモチーフを特定する作業に取り組んでいる。研究チームは先史時代のこの地のアーティストが出会ったかもしれないこの6本足の生き物の岩絵と、世界中のロックアートを比較検証したのである。

 全長14センチほどのこの岩絵は2017年から2018年までの調査で発見されていたのだが、その前例に乏しい異常な形状が故に確認が遅れていた。

 6本の手足は昆虫を暗示しているのだが、大きな目のある逆三角形の頭部と頭と物をつかむ“カマ”のある前腕は、間違いなく獲物を捕らえる捕食性のカマキリのものである。頭部の形状はこの地域のカマキリの特性を反映しているという。この岩絵が描かれた正確な年代は不明だが、4000年前から4万年前の間であると考えられている。

4万年前の「カマキリ人間」の岩絵がイランで発見される! 古代の地球に来た宇宙人か、「スクワッターマン」か!?の画像2
“C”がテイマレ岩絵遺跡 「Journal of Orthoptera Research」の記事より

 今回の“発見”は、イランのイスラム自由大学の昆虫学者であるマフムード・コルネガリ氏をはじめとする研究チームによって2020年3月に「Journal of Orthoptera Research」で発表された。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ