【衝撃】パリ上空に純白メタリックUFO出現、宇宙人がコロナ禍を視察か!? 市民戦慄「気球ではあり得ない」

関連キーワード:

,

,

,

,

 3月17日から外出禁止令が敷かれたフランス・パリ。新型コロナウイルスの流行で観光客が消え、市民の姿もまばらになった花の都で、上空に浮かぶUFOが目撃された——。

Metallic Sphere UFO Hovering Over Paris During Coronavirus Lockdown, April 10, 2020, Video, UFO Sighting News. (UFO Sightings Daily)

 パリ上空に謎の物体が姿を現したのは4月10日のことだという。マンションの高層階からスマートフォンでその姿を撮影した動画には、青い空に浮かぶメタリックな白い球体がはっきりと映っている。それは一点に静止して動くことはなく、まるで上空から街を監視しているかのようだ。

 この動画が公開されると、「The Hidden Underbelly 2.0」など陰謀論・オカルト系の人気YouTubeチャンネルも反応し、自身のチャンネルで紹介、動画はたちまち世界中のマニアたちの間に広まった。コメント欄には「アドバルーンか気象観測用の風船ではないか」との指摘もあるが、パリではアドバルーンの打ち上げが禁止されているとの反論もあり、物体の正体は議論の的になっている。

 台湾在住の世界的UFO研究家、スコット・ウェアリング氏も自身のブログ「UFO Sightings Daily」で早速この動画を取り上げている。ウェアリング氏はこのUFOが「人間の行動に興味を示しているようだ」と指摘、エイリアンたちがパンデミックによる厳戒下のパリで、人々の様子を監視しているのではないかと推測している。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ