「地底の宇宙人基地が宇宙と交信している」4つの地下基地を暴いたプロジェクト8200全貌がやばすぎる!

 1970〜90年代、米軍でインゴ・スワンやジョー・マクモニーグルといった優れた遠隔透視能力者を使った極秘実験計画「スターゲイトプロジェクト」が行われていたことは有名だが、その中で地球の地下深くに隠されたエイリアンの基地が発見されていたことはあまり知られていない。そして、米アラスカやスペインの山々に存在するという4つの地下基地を透視したマクモニーグルは、その驚くべき真実を暴露したのである——。

US Army: Ancient Extraterrestrial Bases Under Earth Are ‘Relaying’ Something Into Space (UFO Sightings Hotspot)

画像は「YouTube」より引用

 1970年代、当時最強の透視能力者と言われたパット・プライスは、オーストラリアのジール山、ピレネー山脈のモン・ペルデュ、ジンバブエのニャンガニ山、米アラスカのヘーズ山の地下に隠された複数の秘密地下基地を発見した。それからおよそ10年後の1982〜6年、元米軍大尉のフレデリック・H・アトウォーターの下、この地下基地を遠隔透視する「プロジェクト8200」が行われた。残念ながら発見者のプライスはこの時すでに亡くなっていたため、マクモニーグルらがこのプロジェクトに参加することとなった。

 当初、透視能力者たちはその目的を知らされていなかった。しかし、アラスカ・ヘーズ山を透視したマクモニーグルはそこにシールドで巧妙に隠された、現代人では説明できないような電子機器や装備が並ぶ謎の空間を発見したのである。

 各地の地下基地を透視した結果、マクモニーグルとアトウォーターはそれらが地球と深宇宙にいるエイリアンとの交信、中継に用いられるネットワークではないかと推測した。遠隔透視によれば、このネットワークは4カ所の基地だけでなく、世界各地を覆うように設置されており、宇宙空間にあるラグランジュ点にも中継点が置かれているようだ。そして、このネットワークは宇宙のプラットフォームに接続されており、地球から情報が発信されたり、宇宙からの通信を受信したりしているという。

人気連載
5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

■2020年5月25日~31日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】  今年、首都圏では...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ