フードをかぶった超自然的存在「フーデッド」目撃談 ― 深夜の部屋に出現、真っ白な肌、邪悪な眼差し… 恐ろしい姿とは!?

 人の姿をした霊的存在、あるいは超常的存在についての目撃報告やいわゆる“都市伝説”は世界の津々浦々で語られているが、その中でも興味深いのがローブに身を包み、頭にフードをかぶった人型の超常的存在“フーデッド”だ。

■夜更けに訪れた“フーデッド”の子どもたち

 人の姿をした超常的存在は、たとえば「スレンダーマン」や「口裂け女」など世界各地で都市伝説として語り継がれているが、最近再び注目されているのがフードをかぶった“フーデッド”である。

 オルタナティブメディア「Mysterious Universe」の記事によれば、「黒い目の子どもたち」であるBEC(Black Eyed Children)の報告例の中には“フーデッド”のケースもあるということだ。

フードをかぶった超自然的存在「フーデッド」目撃談 ― 深夜の部屋に出現、真っ白な肌、邪悪な眼差し… 恐ろしい姿とは!?の画像1
「Mysterious Universe」の記事より

 アメリカを中心に報告されているBECだが、米ウェストバージニア州在住のマリーさんが2012年に体験した“フーデッド”のBECとの遭遇談を取り上げている。

 その年のある土曜日の夜、長時間勤務から帰宅したマリーさんは、ソファでくつろぎながらテレビを眺めていた。その時、アパートの正面玄関で大きなノック音があったのだ。

 こんな夜遅くにいったい誰なのか? マリーさんは静かにドアに忍び寄り覗き穴から外を見た。玄関先では2人の男の子が立っていて、どちらも黒いパーカーを着ていてフードを頭にかぶっていた。

「ア―ユーオーケー?」とマリーさんは子どもたちに声をかけたが返事はなかった。

 マリーさんはドアにチェーンをかけて数センチ開けた。すると真っ白な肌をした2人の子どもたちが至近距離で立っていて、そのうちの1人が食べ物を要求した。あまりにもこの“フーデッド”な子どもたちが不気味であったため、マリーさんは慌ててドアを閉めて鍵をかけ、部屋の奥に引きこもったということだ。

 マリーさんのいるウェストバージニア州ではさまざまな超常現象が報告されており、1950年代にはブラクストン郡フラットウッドを中心にUFOの目撃が相次いだ場所でもある。また1952年9月12日には悪名高い3メートルもある人型の「フラットウッズモンスター」が目撃されている。

フードをかぶった超自然的存在「フーデッド」目撃談 ― 深夜の部屋に出現、真っ白な肌、邪悪な眼差し… 恐ろしい姿とは!?の画像2
「Fandom」の記事より

 頭部がトランプのスペード型だと報告されているフラットウッズモンスターだが、実は“フーデッド”ではないかとも解釈できるということだ。

■部屋に現れる恐ろしい形相の“フーデッド”

 超常現象研究家のステファン・ワグナー氏によれば、“フーデッド”の目撃報告にはあるパターンが見られるという。

 前出のマリーさんのような体験はむしろ例外的なほうで、多くの“フーデッド”は真夜中に部屋の中の暗がりに現れるという。彼らは威圧的で、悪い予感を引き起こすものであり、実に恐ろしい外見である。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ