オレンジ色のUFOが異常行動を繰り返す衝撃映像! 直角カーブ、瞬間移動、急発進・急停止…ニミッツUFO事件にも関係か?=米

オレンジ色のUFOが異常行動を繰り返す衝撃映像! 直角カーブ、瞬間移動、急発進・急停止...ニミッツUFO事件にも関係か?=米の画像1
画像は「UFO Sightings Hotspot」より

 

 世界最大のUFO研究組織「MUFON(The Mutual UFO Network)」に奇妙な映像が投稿され、UFOコミュニティに衝撃が走っている。

 投稿者によると、今月7日午後10時半ごろ、カリフォルニア州サンディエゴ郡の北郡地域にある海浜都市エンシニータスのライブカメラを息子が見ていたところ、オレンジ色に光る奇妙な飛行物体が海中から出現したという。

 奇妙なのはそれだけではなかった。同ライブカメラは翌日にシャットダウンされ、映像も消されてしまっていたというのだ。ただ幸いなことに投稿者の息子が映像を録画していたため、記録に残すことができたそうだ。

 なにはともあれ、まずは問題の映像をご覧頂こう。(MUFON Case Number: 108694)

 01:00〜画面左からオレンジ色の発光体がふいに出現。素早い動きで直角に移動し、しばらく停止。そしてまた急激に加速したかと思うと水中に潜り込んだ。オレンジ色は消え、ライトの点滅のようなものが見える。次は点滅しながら上昇、再びオレンジ色に変わると、そのままスーッと上っていき、カメラから姿を消した。だが、03:05〜画面左上に再び出現。しばらく様子を伺ったのち、一瞬にして消えてしまった。

 この地域ではこれまでにもいつくのもUFOが目撃されており、海中にUFO基地があるのではないかとも噂されているが、今や米軍が認めるまでになった「ニミッツUFO事件」の“Tic Tac UFO”が出現したのもサンディエゴ沖だった。予測不可能な動きや、瞬間移動のような超高速移動、急発進や急停止など、今回のUFOとも共通点が多い。もしかしたら、両者は同一の機体かもしれない……。

 MUFONの調査結果を首を長くして待ちたい。

 

参考:「MUFON」、ほか

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ