【緊急】プラズマ「UFO」の作成技術を米海軍が特許取得していた! 存在しないはずの物体を投影する“3D攻撃技術”がヤバイ

【緊急】プラズマ「UFO」の作成技術を米海軍が特許取得していた! 存在しないはずの物体を投影する3D攻撃技術がヤバイの画像1
画像は「Forbes」より


 UFOはやはり米軍の最新兵器だったのかもしれない。

 航空戦において戦闘機の最大の課題の1つは、敵のミサイルを被弾しないことである。赤外線誘導対空ミサイルに対しては発光弾である「フレア」を使用することで、ミサイルの攻撃目標を撹乱することができる。

 だが現代ではより洗練された技術が使用されている。米誌「Forbes」(5月11日付)によると、技術の進歩により、現在では短時間の高強度レーザーパルスを使用して、光るフィラメントやプラズマを生成することでフレア代わりにすることもできるそうだ。そして、さらにはレーザープラズマで3D映像を投影することも可能だという。特に米海軍は90年代に発見された「レーザー誘起プラズマフィラメント(LIPF)」を利用して、数百メートル先に赤外線放射で戦闘機の“ファントムイメージ”を作り出す研究してきたと言い、2018年にはその技術が特許に記載されたという。

プラズマレーザーによる3Dイメージ投射

 おとりになるイメージが1つであれば、本体がミサイルに撃墜される確率は50%だが、航空機後部に複数のレーザーシステムを装備すれば、確率はより低く抑えられるだろう。まさに分身の術である。

 そして、この技術の存在から興味深い可能性が開けてくるとオルタナティブニュース「Unexplained Mystery」(5月12日付)は指摘している。多くの米軍パイロットらが目撃してきたUAP(未確認空中現象)は、プラズマで作成されたイメージに過ぎなかったのではないかというのだ。

 先日、米国防総省が映像を公開した「チクタクUFO」は、一見不可能と思われるような操縦をし、素早い急旋回も見せていたが、実物の航空機ではなく、投影されたイメージだったとすれば、ある程度の説明がつくというのだ。

人気連載

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.10 17:30日本
日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.09 17:30日本
中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.07 18:00海外
中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.06 18:00海外
波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.07.19 13:00異次元

【緊急】プラズマ「UFO」の作成技術を米海軍が特許取得していた! 存在しないはずの物体を投影する“3D攻撃技術”がヤバイのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル