非常に疑わしい科学者が「火星にキノコが生えている」と主張! 生物の存在をNASAに訴える!

ローン・ガブリエル・ジョセフ。画像は「brainmind.com」より


 Netflixの人気ドキュメンタリー番組「タイガー・キング」にちなんで、“スペース・タイガー・キング”と呼称される科学者がいるという。

 科学ニュース「Futurism」(6月30日付)によると、自称・神経生物学者のローン・ガブリエル・ジョセフ氏は、火星と金星に生命が存在し、そのことを裏付ける証拠もあると主張してはばからないという。

 ジョセフ氏が依拠している根拠とされるのが、元NASA科学者のギルバート・レヴィン氏の主張である。1970年代に行われたバイキング計画では、火星表面に着陸した2台の火星探査機に、生命の痕跡を探すための実験装置が組み込まれていた。実験は4種類あり、いずれも呼吸や代謝などで発生する生物由来の化学物質を検出しようという試みであった。そして、同プロジェクトをデザインしたのがレヴィン氏だった。

 レヴィン氏の関わった実験は「ラベル付きリリースによる生命検出実験(通称;LR実験)」と呼ばれるもので、放射性炭素でラベル付けした栄養素を含む水溶液を火星の土壌サンプルに滴下し、しばらく培養して、放射性炭素を含むガスが発生するかを観測するものだった。レヴィン氏によると、この実験では「ガスがたちまち検出され、7日間の実験中ずっと検出され続けた」というが、なぜかNASAはこれを別の化学反応によるものだとし、「生命の証拠ではない」と結論付け、今日に至っている。

 上記のような出来事からジョセフ氏は、パンスペルミア説を熱烈に支持し、地球上の生命は宇宙をこうした惑星から宇宙を漂って来た微生物から発生したのだと主張している。だが、レヴィン氏の説が今も主流派科学者に受けいけられていないことからも分かる通り、ジョセフ氏の研究も数ある査読論文から拒否されてきたそうだ。

 そのためジョセフ氏は自ら「Journal of Cosmology」という科学論文サイトを運営し、そこで自説を発表するようになったという。そこでは宇宙で化石化したバクテリアを発見したと主張する元NASA科学者のリチャード・フーバー氏の論文などが掲載されているそうだ。