世界中で「謎の金属球」落下相次ぐ異常事態!! 住民パニック、中に未知の液体も… NASAは“回答拒否”で深まる謎!

世界中で「謎の金属球」落下相次ぐ異常事態!! 住民パニック、中に未知の液体も… NASAは回答拒否で深まる謎!の画像1
画像は「Mysterious Universe」より引用

 昨今、奇妙な金属球が空から降ってくるケースが世界中で確認されている。ミステリーニュース「Mysterious Universe」(7月12日付)を参考に、いくつかの金属球落下事件を見ていこう。

 2012年、ブラジル・マランハオ州・リアチョ・ドス・ポソス村に落下した金属球は、カシューナッツの木を木っ端微塵にしてしまった。第一発見者の村人によると、大きな破裂音が空に響き渡った後に金属球が落ちてきたという。最初は飛行機の墜落か地震でも起こったのかと思ったそうだ。

世界中で「謎の金属球」落下相次ぐ異常事態!! 住民パニック、中に未知の液体も… NASAは回答拒否で深まる謎!の画像2
画像は「Science Daily」より

 落下した金属球は中身が空洞のような、液体が入っているような不思議なものだった。これを一目見ようと近隣の村民2000人以上が集まり、村中にパニックが広がったが、ほどなくして軍警察がやって来て、金属球を回収していったという。彼らは「落下した衛星の一部」だと村人らに説明していったそうだ。

 こうした謎の金属球は2013年に米テキサス州でも発見されている。電気技師のディーン・ゲンツ氏は、同州東部のブナにある牧草地の近くで、直径35センチほどの茶色い金属球を見つけた。電気技師のゲンツ氏はすぐにその金属球が極端な熱にさらされた痕跡があることが分かったという。

世界中で「謎の金属球」落下相次ぐ異常事態!! 住民パニック、中に未知の液体も… NASAは回答拒否で深まる謎!の画像3
画像は「TEREZA PULTAROVA」より

 さらにゲンツ氏は、球体の片側が溶かされていることにも気づいたが、これは人の手によるものではなく、大気圏突入時に溶かされたものだと確信したそうだ。ゲンツ氏はこの金属球がどこから来たものか調査したが、NASAを含めどの機関からも回答がなかったという。

 2014年には中国・黒竜江省でも金属球の落下事件があった。3つの「火の玉」が空から降ってくるのが目撃され、近隣の農地に落下した。地元住民がそれを見にいったところ、3つの「ギザギザの層に半分覆われた金属球」が発見された。それぞれ重さ約40kg直径80cmだったという。

 落下後、すぐに当局の役人がやって来て金属球を回収、それらはロシアのプロトン-Mロケットの残骸だと説明していったという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ