【必読】未解決・西成マザーテレサ事件の最新取材! 矢島祥子先生は自殺ではなく他殺、次々と消える関係者…

 2009年11月16日に大阪市内で発生した「大阪西成女医殺人事件」。大阪市内を流れる木津川の渡船場で医師の矢島祥子さん(当時34)の遺体が発見された事件で、事件発生から11年経った今も、矢島さんを殺害して遺体を遺棄した犯人は捕まっていない。

 被害者の矢島祥子さんは、西成区あいりん地区でホームレスなどの支援活動を行っていた人物だ。その活動のきっかけは、大阪市内にある淀川キリスト教病院に勤務しているときにホームレスの現状を目の当たりにしたことだったという。矢島さんは務めていた病院を退職し、あいりん地区に通いやすいように西成区鶴見橋のくろかわ診療所に勤務、医師として働くかたわら、夜回りやホームレス支援活動などを献身的に続けていた。ホームレスはおろか近隣住民からも“さっちゃん先生”と呼ばれ、今でも慕われ続けている。


 事件が起こったのは、2009年11月14日から16日の間である。

 14日、矢島さんが勤務していた診療所を後にしたのは朝の4時15分。まだ日の出前の暗い時間であった。それ以降彼女の行方は分からなくなり、2日後の16日に木津川の渡船場で水死体となって発見された。


 警察は自殺と断定した。だがしかし、この時点でいくつもの疑問点が浮かび上がっていた。

 自殺と断定された大きな理由の一つは、矢島さんの“遺書”が存在したからだ。それは“矢島さんの恋人”を自称する男性に送付されたものだったが、その内容はいたって普通の挨拶文だった。

 さらに、事件から約1か月後、現場から2.5キロ離れた市営住宅の自転車置き場から矢島さんの自転車が発見された。警察は矢島さんがその自転車で事件現場まで移動したと考えたが、本人はおろか誰の指紋も検出されなかった

 また、遺体を発見したのは釣り人だったが、その人物は普段釣りなど趣味にしていなかったという証言がある。ふと気が向いて新たな趣味に手を付けるというのは珍しいことではないが、わざわざ肌寒い季節に釣りを始めるのだろうか。また、その人物が勤務していた場所は西成区萩之茶屋にある何かと曰くつきのゲームセンターで、その夜間責任者であった。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ