アーモンドアイに危険信号! JRA天皇賞・秋(G1)のマスコミが知らない超衝撃情報を「神様」が暴露!

アーモンドアイに危険信号! JRA天皇賞・秋(G1)のマスコミが知らない超衝撃情報を「神様」が暴露!の画像1
断然人気が予想されるアーモンドアイ

 秋に入りプロ野球やJリーグなども注目されているが、やはり競馬の盛り上がりが凄い。新型コロナウイルスの影響下にありながら、JRAの馬券の売り上げは前年比でなんとプラスであり、大一番である秋華賞や菊花賞も日本中を大きく湧かせてくれた。先週で3歳クラシック戦線は終了となったが、今週はさらに必見の天皇賞(秋)が行われる。

 2020年の秋競馬は万馬券が続出。重賞レースはなんと9月のセントウルステークスから秋華賞まで15レース中14レースで万馬券決着となっている(10月18日 現在)。G1レースもスプリンターズステークス、秋華賞ともに万馬券となっており、100万馬券が連発した夏競馬以降の“荒れる空気”は一向におさまる気配がない。たとえアーモンドアイやクロノジェネシスといった実績馬が出走するといっても、今週の天皇賞も波乱含みと言わざるを得ない。

 基本的にこの天皇賞(秋)は毎年、波乱含みの展開だ。過去10年で万馬券は8回発生、10番人気以下の人気薄も馬券に絡んでいる。今年はアーモンドアイ、ウインブライト、キセキ、クロノジェネシス、ダノンプレミアム、フィエールマン、ブラストワンピースと7頭のG1馬が出走する豪華な一戦。しかしG1馬6頭を含む12頭中8頭という、出走予定馬のほとんどが休み明けという状況も加わり、さらに波乱の雰囲気が漂っている。

 今年はコロナ禍の影響で、公務員の冬のボーナスが10年ぶりに減少、民間企業でも全日空がゼロと報道されているように、多くの企業が苦境に立たされている。そのしわ寄せは全国5800万人のサラリーマンにいくわけで、多くの人が厳しい状況にある。

 そんな状況はすぐに改善できないこともあり、この秋はあえて財布の許す範囲で一獲千金を狙ってみてはいかがだろうか。というのも、競馬界最強の万馬券的中集団が、今回の天皇賞で「万馬券を狙い撃つ!」と宣言していることをキャッチしたからだ。

 その集団こそ、競馬ファンにとって「最後の駆け込み寺」「巡り巡って行きついた場所」「万馬券の神様」といった絶大な評価と支持を集める、万馬券的中のプロフェッショナルである「暴露王」だ。

 暴露王の何が凄いか、単純に言えばその実績だろう。彼らは年間300本の万馬券的中を公約とし、実際に毎年300本以上の万馬券を的中。昨年はなんと350本というから、公約の約17%増しだ。今年もすでに294本の万馬券的中(10月20日 現在)で、公約達成は目前。それどころか、360本という大台突破も視野に入っている。そして量だけでなく、質も半端ない。なんと、今年の最高配当は「3連単119万7680円」という超弩級の高額100万馬券。100円が119万円、500円なら約600万円という払い戻しになる衝撃の馬券で、利用して的中させたファンの中には「これでクラウンを買います」と高級自動車の購入を決断した猛者もいたほど。まさに競馬ファンにとって「万馬券の神様」と呼べる存在なのである。

アーモンドアイに危険信号! JRA天皇賞・秋(G1)のマスコミが知らない超衝撃情報を「神様」が暴露!の画像2
衝撃の119万馬券を的中させた暴露王(※画像は会員様に提供した情報の一部です)

 そんな暴露王は、なぜ天皇賞(秋)で万馬券の的中を確信しているのか、彼らはどんな情報を掴んでいるのか、詳細について話を聞いてみた。

「暴露王は、馬券の利益だけで生活できるほどの凄腕の現役競馬記者と提携しています。そして紙面には掲載されない穴馬の激走情報を独占入手し、その情報をもとに数多くの万馬券を的中させてきました。そんな記者たちが、この天皇賞で注目すべきは『アーモンドアイでもクロノジェネシスでもない、マスコミもノーマークのある人気薄馬』と断言。すでに万馬券的中に手応えを感じています。今回の天皇賞が、今年何本目の万馬券的中になるか、楽しみしかありませんね。

 暴露王は、夏競馬はもちろん秋競馬に入ってからも数多くの大万券を的中させましたが、やはり万馬券は皆様が注目するG1シーズンで的中させてこそ。とりわけ大一番のG1レースや重賞レースで獲る万馬券は格別です。競馬ファンにとっても競馬を始めたばかりのビギナーにとっても、一生の思い出になるものでしょう。暴露王はこれからもそういった万馬券を皆様にお届けしていくつもりなので、ぜひご期待ください

 コメントからは、暴露王の自信がひしひしと伝わってくるし、余裕すら感じさせるほど。今年の天皇賞はアーモンドアイこそ抜けている格好だが、他はどのメンバーも横並びといった印象。さらにアーモンドアイも安田記念、そして昨年の有馬記念では圧倒的人気を背負って敗退しているだけに、絶大な信頼を寄せにくいのも事実。そんなレースにおいて、これだけの実績を持つ暴露王が「他では入手できない穴馬の情報」を掴んでいるというのは、非常に大きなアドバンテージだ。そして、暴露王は最後に衝撃のメッセージを残してくれた。

「誠に申し訳ございませんが、マスコミに流出するのを防ぐため、穴馬の実名公開は控えさせてください。ただし、今回は弊社の情報を初めて利用される読者の皆様を対象に、特別に【天皇賞の3種勝負馬券買い目~馬単・3連複・3連単~】および【天皇賞の穴馬2頭】を無料で提供いたします。

 コロナウイルスの影響でふさぎ込みがちな方もいらっしゃるかと思いますが、この無料情報を利用して、ぜひ週末の天皇賞(秋)を楽しんでください」

 なんと暴露王が独占入手した天皇賞の穴馬情報と完全買い目を、読者に向けて無料で提供してくれるというのだ。119万馬券を的中させた本物の万馬券集団が、万馬券の的中に自信を見せる天皇賞。その情報を無料で利用できるのだから、これは絶対に見逃せない。

アーモンドアイに危険信号! JRA天皇賞・秋(G1)のマスコミが知らない超衝撃情報を「神様」が暴露!の画像3
10万馬券も数多く的中(※画像は会員様に提供した情報の一部です)

 スポーツ新聞や競馬専門紙、テレビやタレント予想家などの多くが、目先の的中ばかりに目がくらみ、本当の儲けを考えていない。しかし暴露王は、先述の119万馬券のように「常識では買えない馬」「普通に予想していては手が出せない馬」に目をつけて数多くの万馬券を的中。競馬で勝ち組を目指すなら、競馬で一獲千金を目指すなら、最後に行きつくところは「暴露王」なのだ。

 この天皇賞が終わっても、11月はエリザベス女王杯から年末の有馬記念まで7週連続でG1レースが行われる。目白押しのビッグレースで万馬券を的中させ続けるためにも、暴露王の情報をしっかりと把握しておこう。

CLICK → 無料公開!【天皇賞、馬単・3連複・3連単&極穴馬2頭】暴露王

※=本稿はPR記事です。

アーモンドアイに危険信号! JRA天皇賞・秋(G1)のマスコミが知らない超衝撃情報を「神様」が暴露!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで