29歳の覚醒剤男が1500万円分の札束をマンションからばらまく事件発生→地上は大混乱! 名古屋でも同様の事件が…

関連キーワード:

,

,

,

空から舞い降りてくる人民元(「北京時間」より。以下同)


 中国・中部の重慶市で10月17日、マンションの窓から大量の現金がばらまかれ、その下の路上では、紙幣を拾う人たちで大混乱に陥るという騒ぎが起こった。

 中国のネットニュースメディア「北京時間」が伝えたところによると、17日午後1時半ごろ、29歳の男がマンションの30階にある自宅で覚醒剤の一種であるアンフェタミンを吸引してハイなり、窓から現金を外にばらまいたのだという。

 ばらまいた現金の総額は、なんと100万人民元ともいわれている。日本円にして1500万円超である。なんとも豪気な話である。というか、そもそも、29歳にしてそれだけの現金を自宅に置いているということは、かなりヤバいシノギをしていそうである。

 ばらまかれた100元札(約1600円)は色が赤いのでかなり目立つ。路上の人たちは天から降ってきた札に気づくと、我先にと拾おうとし、すぐ下は自動車道路となっていたため、交通が大混乱になる騒ぎになった。

 また、当時は雨が降っていたため、下の道路を走っていた車のフロントガラスにも札がくっついたという。運転手はびっくりしたことだろう。

 現金をばらまいた男は警察に拘留され、取り調べを受けているという。おそらく覚醒剤の入手経路よりも、100万元もの現金の出どころについて、かなりきつい調べがあることだろう。

29歳の覚醒剤男が1500万円分の札束をマンションからばらまく事件発生→地上は大混乱! 名古屋でも同様の事件が…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで