米学生たちがスマドラ「ADHD治療薬」を飲んでバカに!「薬物より睡眠の方が成績上がるのに…」医者呆れ

 オピオイドの不適切な服用など、アメリカ社会における薬物問題はきわめて根深いが、残念ながらその余波は高校や大学といった学業の現場にも及んでいる。アンフェタミンなどの覚醒系の刺激薬が少なくない生徒・学生たちの間で違法にシェアされているというのだ。

■ADHD治療薬が学生たちの間でシェア&転売

 ADHD(注意欠陥多動性障害)の治療薬としてアメリカでは「アデロール(Adderall)」などの精神刺激薬(stimulants)が処方されているのだが、実はこの薬は覚せい剤の主成分であるアンフェタミンが含まれている。そしてこの刺激薬を入手した生徒が、学校でクラスメイトに分け与えたり、売ったりするケースがアメリカで後を絶たない。

 右肩上がりで経済成長を続けていた時代も今や遠い過去の話となり、将来のより良い生活を確かなものにするためにも学業の現場では多くの生徒・学生に成績のプレッシャーが重くのしかかっている。

 そこで決して少なくない学生たちが誘惑に駆られるのが、勉強や試験において集中力と注意力を高めてくれるといわれる“スマートドラック”であり、その中でも処方箋が必要とされるADHD治療薬は“本物”であるとして人気が高いといわれている。

米学生たちがスマドラ「ADHD治療薬」を飲んでバカに!「薬物より睡眠の方が成績上がるのに…」医者呆れの画像1
「Science Alert」の記事より


 ADHD治療薬はアメリカの規制物質法(CSA)でマリファナや LSD そしてヘロインなどの麻薬の次に厳重な規制が課されたスケジュールII薬物(Schedule II)に分類されていて、麻薬取締局の監視、管理対象でもある。処方された者が横流しをすれば犯罪になるのだ。

 アンフェタミンの医療目的外使用は、若者にとって深刻な問題になる。過剰摂取や依存症のリスクだけでなく、睡眠障害も引き起こすといわれている。2008年から2012年の間に、18歳から25歳の若者における医療目的外のアンフェタミン使用は、5.7%から9.3%に増加している。

 そして過去20年間ではなんと10倍に増加している。医療目的外のアンフェタミンの使用は大学生が最も多いが、12%は中学・高校生時代に服用を始めたと報告している。

 米・カリフォルニア大学アーバイン校の認知科学者であるサラ・メドニック准教授によれば、健康な人間のアンフェタミン使用の最大の問題は睡眠の質の低下であるという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ