「大麻学科」を設立する大学が続出中! 本物の「大麻ドクター」誕生へ、必修科目は…=アメリカ&カナダ

 日本では今なお所持、または使用による犯罪として報道される大麻について、トカナではこれまでも国内外の大麻にまつわる最新事情をお伝えしてきた。今回は、医療目的だけでなく娯楽用としても合法化が進むアメリカとカナダの現状を、1月25日付の「Upper Michigans Source」他を参照にご紹介したい。

■巨大なビジネスチャンス!? 新たな大麻事業に向けて国が動き出す!!

「大麻学科」を設立する大学が続出中! 本物の「大麻ドクター」誕生へ、必修科目は…=アメリカ&カナダの画像1
水色の州は医療大麻のみ、緑は医療と娯楽用大麻が合法化された州。画像は「Business Insider」の記事より

 大麻は医療と娯楽の双方において古くから世界中で使用されてきたことは広く知られているが、特に近年北米では規制と緩和の間で揺れ動き現在カナダでは合法、そしてアメリカに関しては50州のうち33州が医療大麻の合法化、娯楽用は10の州で合法とされている(2019年1月時点)。

 合法化に伴い大麻に関する事業が立ちあげられ、経済誌「フォーブス」によると、2025年までに娯楽用大麻の販売額は、日本円で約16兆5000億円規模に拡大すると予測されている(2018年11月時点)。

 これらの動きに伴い新たな職業として、2020年までに25万人といわれる雇用が生まれることは昨年末にトカナでも取り上げたが、昨年11月に大麻が合法化されたミシガン州の地元メディアは1月時点で「2022年までに50万の雇用が新しく生まれるであろう」と報じている。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ