「大麻学科」を設立する大学が続出中! 本物の「大麻ドクター」誕生へ、必修科目は…=アメリカ&カナダ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 日本では今なお所持、または使用による犯罪として報道される大麻について、トカナではこれまでも国内外の大麻にまつわる最新事情をお伝えしてきた。今回は、医療目的だけでなく娯楽用としても合法化が進むアメリカとカナダの現状を、1月25日付の「Upper Michigans Source」他を参照にご紹介したい。

 

■巨大なビジネスチャンス!? 新たな大麻事業に向けて国が動き出す!!

水色の州は医療大麻のみ、緑は医療と娯楽用大麻が合法化された州。画像は「Business Insider」の記事より

 大麻は医療と娯楽の双方において古くから世界中で使用されてきたことは広く知られているが、特に近年北米では規制と緩和の間で揺れ動き現在カナダでは合法、そしてアメリカに関しては50州のうち33州が医療大麻の合法化、娯楽用は10の州で合法とされている(2019年1月時点)。

 合法化に伴い大麻に関する事業が立ちあげられ、経済誌「フォーブス」によると、2025年までに娯楽用大麻の販売額は、日本円で約16兆5000億円規模に拡大すると予測されている(2018年11月時点)。

 これらの動きに伴い新たな職業として、2020年までに25万人といわれる雇用が生まれることは昨年末にトカナでも取り上げたが、昨年11月に大麻が合法化されたミシガン州の地元メディアは1月時点で「2022年までに50万の雇用が新しく生まれるであろう」と報じている。

コメント

5:匿名 2019年3月11日 00:49 | 返信

タバコと酒を非合法に。大麻を合法に。

4:匿名 2019年3月3日 00:48 | 返信

末期がん患者や末期のエイズ患者に使う医療大麻は理解できるが
娯楽用大麻を合法化というのは個人的には反対かな
日本がアメリカみたいにオピオイドまみれなら分からんけど

3:匿名 2019年3月2日 19:17 | 返信

クスリ、ダメ!ゼッタイ!
薬物を見たら聞いたら110番!!

2:匿名 2019年3月2日 12:04 | 返信

関東の国際空港で麻薬の密輸が急増していると聞く。
TOCANAごときには影響力は少ないだろうが、悪事を助長する記事は慎んでもらいたい。

1:トランプ大統領 2019年3月2日 09:48 | 返信

大麻吸って医療などとほざくのは完全に病気である。治療になる科学的根拠を示さないのが証拠。脳機能の低下や幻覚作用について一切語らないのはデタラメを言っているだけ。鎮痛効果なら鎮痛剤を打て場合話で大麻を吸うなどという無駄な事をする必要は無いはずだ!考えた奴も含めて将来的にAIに全員安楽死させられるだろう。
私が開発した治療法はもっと凄い!なんでも治ると評判で魔術のようだ。即効性があり、高速で飛んで来た金属の玉が急所に当たると瞬時に治療が出来る優れもので特に精神病患者に使用されるのだが、どんな病にも効果がある万能薬だ!
今、大々的にやろうと模索しているのだが
誤ってうちの研究員の植松君が施設で実行してしまった。彼は大麻をやっていた為、目標より低い値で治療が施され、多くの方に医療ミスを犯してしまった。残念な事であるが評判は良く、彼を無罪にして欲しいとの声を多く聞いた。彼は大麻の幻覚作用の影響で治療がナチスのT4作戦であると主張した事から、検察を混乱させ、未だに裁判に至っていない。
彼を見れば、大麻の悪影響は計り知れないものだという事が良く分かる筈だ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。