「大麻学科」を設立する大学が続出中! 本物の「大麻ドクター」誕生へ、必修科目は…=アメリカ&カナダ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

■アメリカ国内から見る大麻の合法化について

一般家庭によく見られる処方箋薬のケース (撮影=清水ミロ)

 近年、アメリカで深刻な問題となっているのが薬物依存とその死亡率だ。医師による鎮痛剤の過剰な処方が多くの薬物依存を生み出し、人種や老若男女を問わずその命を奪っている。

 両親を薬物で失う子どもたちも増加しており、地元の自治体で独自の取り組みを始める地域も見られるようになった。その原因となったのがケシが原料のオピオイドで、医師の処方を必要とする麻薬性鎮痛薬であり、より強い鎮痛効果と副作用があるフェンタニルやオキシコドンも含まれる。いずれも非常に強い中毒性があり、しかも高額なため、患者は入手が容易で安価なヘロインへと移行することが多い。

 現在アメリカ国内では1日に130人がオピオイドやヘロインの過剰摂取により死亡しているといわれ、特に中西部では2016年7月から2017年9月の間にオピオイド関連による死亡率が70%増加したという恐ろしいデータが出されている。

 医師の処方する鎮痛剤に強い危機感を覚えた政府が規制を強めたことで、鎮痛剤が入手困難になってしまった重病患者に、安全な状態で大麻を処方できるようになることは望ましいと個人的には思うが、一方で、合法化されるにあたって若年層に与える影響や人体への新たな悪影響の懸念が残るのも事実。世界の大麻事情のこれからに注目したいところだ。

(文=清水ミロ)

※参考:「TV6」、「Washington Post」、「The Growth Op」、「Business Insider」ほか
関連記事:高樹沙耶×石丸元章の「日本一詳しい大麻の連載」一覧

コメント

5:匿名 2019年3月11日 00:49 | 返信

タバコと酒を非合法に。大麻を合法に。

4:匿名 2019年3月3日 00:48 | 返信

末期がん患者や末期のエイズ患者に使う医療大麻は理解できるが
娯楽用大麻を合法化というのは個人的には反対かな
日本がアメリカみたいにオピオイドまみれなら分からんけど

3:匿名 2019年3月2日 19:17 | 返信

クスリ、ダメ!ゼッタイ!
薬物を見たら聞いたら110番!!

2:匿名 2019年3月2日 12:04 | 返信

関東の国際空港で麻薬の密輸が急増していると聞く。
TOCANAごときには影響力は少ないだろうが、悪事を助長する記事は慎んでもらいたい。

1:トランプ大統領 2019年3月2日 09:48 | 返信

大麻吸って医療などとほざくのは完全に病気である。治療になる科学的根拠を示さないのが証拠。脳機能の低下や幻覚作用について一切語らないのはデタラメを言っているだけ。鎮痛効果なら鎮痛剤を打て場合話で大麻を吸うなどという無駄な事をする必要は無いはずだ!考えた奴も含めて将来的にAIに全員安楽死させられるだろう。
私が開発した治療法はもっと凄い!なんでも治ると評判で魔術のようだ。即効性があり、高速で飛んで来た金属の玉が急所に当たると瞬時に治療が出来る優れもので特に精神病患者に使用されるのだが、どんな病にも効果がある万能薬だ!
今、大々的にやろうと模索しているのだが
誤ってうちの研究員の植松君が施設で実行してしまった。彼は大麻をやっていた為、目標より低い値で治療が施され、多くの方に医療ミスを犯してしまった。残念な事であるが評判は良く、彼を無罪にして欲しいとの声を多く聞いた。彼は大麻の幻覚作用の影響で治療がナチスのT4作戦であると主張した事から、検察を混乱させ、未だに裁判に至っていない。
彼を見れば、大麻の悪影響は計り知れないものだという事が良く分かる筈だ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。