「大麻に続き、LSDやMDMAも10年後には解禁される」サイケデリック・インディ・ジョーンズと呼ばれる学者が主張!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 米国やカナダでも大麻が解禁されつつある中、「LSDやMDMA、マジックマッシュルームも解禁すべき」と主張する異端の科学者が存在する。サイケデリック版インディ・ジョーンズとも呼ばれる彼の主張を、今月16日付で英「Daily Star」が取り上げて話題となっている。

「大麻に続き、LSDやMDMAも10年後には解禁される」サイケデリック・インディ・ジョーンズと呼ばれる学者が主張!の画像1画像は「Daily Star」より引用

「(MDMAやマジックマッシュルームは)認可され、医療用の薬として再分類される可能性は高いでしょう」

 そう話すのは、英グリニッジ大学の心理学者デイビッド・ルーク氏だ。世界各地で幻覚成分を体験している彼は「サイケデリックなインディ・ジョーンズ」としても知られており、人々は幻覚作用を持つドラッグへの態度を改めるべきとの持論を持っている。

「大麻に続き、LSDやMDMAも10年後には解禁される」サイケデリック・インディ・ジョーンズと呼ばれる学者が主張!の画像2画像は「Daily Star」より引用

 実際、ルーク氏の言葉には科学的な根拠がある。MDMAやシロシビン(マジックマッシュルームの幻覚成分)といった幻覚剤を、心的外傷後ストレス障害(PTSD)やうつ病の治療への応用する研究が米ジョンズ・ホプキンズ大学で行われ、研究は臨床試験の段階に進んでいるというからだ。これらの成分が医薬品として認可され、再分類されるまで、10~20年というのがルーク氏の見立てだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ