「ヒキガエル・ドラッグ」ヒキガエルの分泌物を吸引すると幸福感が1カ月続くと判明! たった1度で効果絶大!

 露天販売のセールストークで“ガマの油”は万病に効くといわれてきたが、確かにカエルの“脂汗”には大きな秘密があるのかもしれない。アメリカに生息する毒ガエル、コロラドリバーヒキガエルが流す分泌液で人は幸せになれるというのだ。

■ヒキガエルの粉末を吸引してメンタルヘルスが改善

 抗うつ薬、向精神薬にはさまざまな種類の薬剤があるが、いずれも懸念されるのは服用に伴う副作用だろう。そこで近年注目されているのが、自然由来の向精神薬といわれている5-MeO-DMT(5-メトキシ-N,N-ジメチルトリプタミン)である。この5-MeO-DMTはいくつかの植物と、コロラドリバーヒキガエルの皮膚に含まれている。

 5-MeO-DMTにはどれほどの効き目があるのか。オランダ・マーストリヒト大学の研究チームが先日、「Psychopharmacology」で発表した研究論文では、実験を通じてコロラドリバーヒキガエルの皮膚の粉末がメンタルヘルスの向上にきわめて優れた効能を持つことが報告されている。しかもその効き目は1度の処方で1カ月も続くというのだ。

「ヒキガエル・ドラッグ」ヒキガエルの分泌物を吸引すると幸福感が1カ月続くと判明! たった1度で効果絶大!の画像1
「Daily Star」の記事より

 世界各地から参加した42人がコロラドリバーヒキガエルの粉末を吸引する前と吸引してから24時間後に、今の気分を詳しく計測するテストを受けた。

 参加者の中には各種の精神疾患の症状を持つ者もいたのだが、粉末を吸引することで、不安、抑うつ、心的外傷後ストレスの症状が緩和・軽減したと報告している。

 42人のうちの24人は4週間後にも同様のテストを受けたのだが、ここでも24人のほとんどが、自分の人生について前向きになり、精神的に充実し、逆にうつ気分や不安、ストレスが減ったと申告している。たった1度の吸引でその効果は1カ月も続いていることになるのだ。

 研究チームによればコロラドリバーヒキガエルから抽出した5-MeO-DMTのほうが、植物や真菌類から抽出したものよりも向精神薬効果が高く効き目が長続きするということだ。精神疾患の治療において、思わぬ形でコロラドリバーヒキガエルに注目が集まっているようだ。

「ヒキガエル・ドラッグ」ヒキガエルの分泌物を吸引すると幸福感が1カ月続くと判明! たった1度で効果絶大!の画像2
「Science Alert」の記事より

コメント

5:匿名 2019年9月23日 03:35 | 返信

量も適当、経過報告の人数も少ない
いい加減な治験だなぁ

4:匿名 2019年9月22日 17:26 | 返信

牛の糞に生えるキノコもヤバいクスリになると聞いています。
ただそのキノコは人間はもとより牛が欲しがるキノコで牛が食べるとやたら怯えるようになったり攻撃的になったりするそうです。
そのキノコを食べて気持ち良くなってボーッとしてしまったがために牛が他の野生動物に襲われるようになってはせっかくのキノコも子孫が繁栄できないためそのような成分も含まれてるそうです。
いくら天然素材とはいえこういうクスリは“必ず人が狂う”ようにできています。ロンパリ女優しかりその他しょっちゅう逮捕される芸能人有名人しかりです。天然だとか人工だとか関係ないっス!毒は毒です!もともと普通の目だった人をロンパらせるだけの作用があるのです。
そうなりたい方は是非ともやってみてくださいね!

3:匿名 2019年9月22日 13:13 | 返信

ゴメはDIPTの類似もとっくに規制されとるやろ

2:匿名 2019年9月22日 12:47 | 返信

戻ってこなかった18人はなあ、ヒキガエルになってしまったんじゃよ!!

1:匿名 2019年9月22日 12:34 | 返信

その辺にうじゃうじゃ居るからな、素人が手を出して死人出るんじゃね?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。