うつ病治療に超革命的“ケタミン特効薬”が登場! 鼻からシュッとするだけで… すぐ効く、よく効く、長く効く!=米

うつ病治療に超革命的ケタミン特効薬が登場! 鼻からシュッとするだけで… すぐ効く、よく効く、長く効く!=米の画像1
イメージ画像:「Gretty Images」

 古くはメランコリアと呼ばれ、近年、日本を含む世界中で問題視されているうつ病だが、ここにきて新たな治療薬が発表され、注目されている。2月12日付の「Gizmodo」、そして3月5日付の「CNBC」の記事などを参考にその現状をお伝えしたい。

■世界規模で見るうつ病の現状とは?

 2月上旬にアメリカ食品医薬品局(FDA)に招集された専門家による審査委員会が「ジョンソン&ジョンソン」社によって開発された点鼻薬をFDAが承認するべきかどうかについて議論を交わしていたのだが、このほどうつ病の治療薬として正式に認可されたことは、報道でご存じの方もいるだろう。

 2017年に世界保健機関(WHO)は、世界のうつ病患者数が3憶2000万人を上回り、日本では約506万人がうつの何らかの症状に苦しんでいると公表した。

 いくつかある治療法の1つである薬物療法では、抗うつ薬やその他の薬を医師の指導の下に使用するが、これまで一般的に処方されている抗うつ薬は治療効果が見えるまでに数週間かかるといわれているため独断で治療を中断し、吐き気や不眠など症状が悪化する例も多く見られた。

うつ病治療に超革命的ケタミン特効薬が登場! 鼻からシュッとするだけで… すぐ効く、よく効く、長く効く!=米の画像2
ケタミン。別名ケタラール 画像は「YouTube」より

 そこで注目されたのがケタミンだ。麻酔薬としてアメリカで開発されたケタミンは、精神の安定や睡眠と深い関わりのあるセロトニン神経系に作用する。「スペシャルK」という名のパーティードラッグとしても知られており、薬物依存性、幻覚作用や嘔吐を誘発するなどの副作用があることから、日本では2007年より麻薬取締法で規制されている。

 しかし、重度のうつ状態や強い自殺願望などの症状に対して、低用量で即効性と持続性のある効果が認められていることもまた事実なのだ。

うつ病治療に超革命的“ケタミン特効薬”が登場! 鼻からシュッとするだけで… すぐ効く、よく効く、長く効く!=米のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで