【衝撃】ジョー・バイデンが米国を中国に売った「BGY計画」が判明! ハンター・バイデンの8歳少女強姦映像も中国共産党が所持!

【衝撃】ジョー・バイデンが米国を中国に売った「BGY計画」が判明! ハンター・バイデンの8歳少女強姦映像も中国共産党が所持!の画像1
画像は「GNEWS」より

 7日、民主党のジョー・バイデン候補は“勝利宣言”のなかで「赤い州や青い州ではなく、ただ米国だけを見ることを誓う」と約束し、「国民のための政権」だと力強く語ったが、果たして本当だろうか?

 反中国共産党の中華系ニュース「GNEWS」(11月9日付)が、「なぜバイデン家はアメリカを売ったのか?」と題する衝撃的な記事を公開した。同メディアは、バイデン氏の息子ハンター・バイデン氏のノートパソコンから見つかった中国企業との取引に関するメール、ドラッグ使用画像やセックス画像を公開し続けているが、ハンター氏が中国の「BGY計画」により完全に骨抜きにされていたことが明らかになったという。

【衝撃】ジョー・バイデンが米国を中国に売った「BGY計画」が判明! ハンター・バイデンの8歳少女強姦映像も中国共産党が所持!の画像2
北京でドラッグを吸引しているハンター氏とされる人物。画像は「GNEWS」より

 BGY計画とは、Blue(諜報活動)、Gold(賄賂)、Yellow(ハニートラップ)によって米国を弱体化させる中国共産党のプランだとされる。そして、ハンター氏は賄賂とハニトラにまんまと引っかかっていたというのである。

【衝撃】ジョー・バイデンが米国を中国に売った「BGY計画」が判明! ハンター・バイデンの8歳少女強姦映像も中国共産党が所持!の画像3
リウ・イーフェイ。画像は「Wikipedia」より

 ハンター氏が薬物中毒であり、未成年との性行為に強い関心を持っていることを知っていた中国共産党は、映画『ムーラン』の主演で有名になった女優のリウ・イーフェイ(劉亦菲)を派遣し、ハンター氏にドラッグを服用させ、8歳の少女をレイプする様子を映像に収めたという。リウ・イーフェイは9歳~14歳まで米国で暮らし、米スタンフォード大学で学んだバイリンガルだ。

 この映像は元ニューヨーク市警察委員長のレイモンド・ケリー氏が実際に見ており、ハンター氏自慢の9.5インチ(24.13cm)のペニスにより少女は出血していたと「GNEWS」は報じている。

 トカナでも報じたように、ハンター氏の背中にはエリートペドフィリアの世界で知らぬ者はいないとされる米ニューヨーク州北部フィンガーレイク地区のタトゥーが彫られている上、14歳の姪ナタリー・バイデンを性的に虐待していた疑惑もある。ただでさえ、ナタリーの母親であるハリー・バイデンやその妹のリズ、オバマ元大統領の娘マリア・オバマとの乱れた性関係が疑われているハンター氏だ。薬物中毒ということもあり、その倫理観は完全に崩壊していると考えられるだろう。

【衝撃】ジョー・バイデンが米国を中国に売った「BGY計画」が判明! ハンター・バイデンの8歳少女強姦映像も中国共産党が所持!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで