【衝撃】JRA有馬記念(G1)でヤバすぎる関係者情報が流出! 一攫千金続出か、「名馬三大伝説」を上回る“衝撃の結末”を予言

【衝撃】JRA有馬記念(G1)でヤバすぎる関係者情報が流出! 一攫千金続出か、「名馬三大伝説」を上回る衝撃の結末を予言の画像1
今年最後の一獲千金チャンスが到来!

■忘れられない有馬記念の三大伝説

 今週末はJRAで今年一番のビックレース、かつ国民的行事として知られる有馬記念が開催される。有馬記念といえば、これまで数々の伝説的なレースが繰り広げられてきた日本競馬を代表するレース。その中でも、特に衝撃を与えた三大伝説を紹介しよう。

 まずは、1990年のオグリキャップ。それまで天皇賞、ジャパンカップでオグリキャップらしい走りが見られず大敗を続け、誰もが衰えを感じていた。そして引退レースとなる有馬記念には、若手騎手の武豊とコンビを組んで挑戦。しかし、その引退レースでまさかの優勝を決めたのだ。この有馬記念は30年が経った今でも、多くのファンにとって文字通り伝説のレースとなっている。

 続いて、1993年のトウカイテイオー。前年の有馬記念は1番人気で11着に敗退し、その後骨折で長期休養。1年ぶりの復帰戦となる有馬記念で奇跡を起こし、父シンボリルドルフと共に親子制覇を達成。鞍上の田原騎手がレース後に見せた涙は、今でもファンの脳裏に焼き付いている。

 最後は、2005年のディープインパクト。無敗のクラシック3冠を達成し、断トツの1番人気で出走。単勝1.3倍の支持を集めたが、直線でいつもの伸びを見せることができず、先行したハーツクライが勝利、ディープインパクトが国内で唯一敗退したレースとなった。翌2006年には見事リベンジを果たし有馬記念を勝利しているが、優勝したレースではなく負けたレースを紹介したのは、当時日本中に与えた衝撃の高さゆえ。最強馬ディープインパクトにとっての有馬記念は、この負けた2005年こそ驚きのレースだった。

■波乱含みの2020年、特大万馬券くるか!?

 数々の伝説に彩られた有馬記念も2020年で65回目を迎えるが、今年は過去最大の衝撃となるかもしれない。今年出走するのは、ここが引退レースとなるラッキーライラック、前走の天皇賞・秋でアーモンドアイを苦しめたフィエールマン、2018年の優勝馬ブラストワンピース、宝塚記念を圧勝した女傑クロノジェネシス、昨年の菊花賞馬であり昨年の有馬記念3着のワールドプレミア。そしてキセキ、カレンブーケドール、ミッキースワロー、ユーキャンスマイル、オーソリティ、オセアグレイトなどかなりのハイレベルなメンバー。実績を見ればまさにグランプリと言える一戦だが、今年は傑出馬が不在。しかもかなり配当妙味が高く、万馬券も含め高配当が期待できる一戦となっているのである。これまで有馬記念は100万円馬券が発生したことはないが、もしかしたらそんな大荒れになるかもしれない、異様な空気が流れているのだ。

 引き続きコロナ禍で苦しい状況に置かれている我々だが、波乱含みの有馬記念を的中させ、一獲千金を狙いたいと考えるファンも少なくないはず。ならば、ここは昨年の有馬記念で見事一獲千金を達成した本物の競馬情報集団「シンクタンク」が提供する【有馬記念・完全無料情報】を利用するのがベストだ。

 2019年の有馬記念は、当時マスコミが大々的に報道したアーモンドアイが、単勝1.5倍と断トツの1番人気だった。しかし結果は9着に大敗し、多くの競馬ファンが購入した馬券は紙クズに変わってしまった。その一方でシンクタンクは、事前にアーモンドアイの不安情報を入手しており、レースではアーモンドアイ以上の勝負情報が届いていたリスグラシューを本命に抜擢。そして、相手1番手にも人気を落としていたサートゥルナーリアを指名。果たして結果は、この2頭がワンツーフィニッシュ。馬連2990円は大本線1点目、そして3連単5万7860円、3連複1万750円のダブル万馬券的中も成し遂げている。馬券を購入する上で、これ以上の成績を望むのは不可能だろう。

【衝撃】JRA有馬記念(G1)でヤバすぎる関係者情報が流出! 一攫千金続出か、「名馬三大伝説」を上回る衝撃の結末を予言の画像2
波乱となった昨年も有馬記念も的中!

■最強競馬集団が勝利に自信、驚愕の情報を公開!

 そんなシンクタンクは、今年の有馬記念で昨年以上の結果、そして昨年以上の払戻を狙っているという。今年自信があっても、過去に実績がなければ信用はできないものだが、聞けば彼らは有馬記念に抜群の的中実績を誇り、過去10年で7度的中、そして2018年にも3連単2万5340円、それ以前にも3連単7万8260円など、数々の万馬券を的中させてきたという。一般的なマスコミと違い、実力と自信の裏付けとなる実績があるのだ。

 加えてシンクタンクは、創業26年の歴史を持つ老舗の競馬情報会社。長い歴史の中で培ってきた人脈と実績は業界屈指で、競馬ファンだけでなく多くの競馬関係者からの信頼も厚い。それもそのはず、所属する競馬関係者が正真正銘のレジェンドばかりなのだ。騎手時代に有馬記念を2勝した増沢末夫元JRA騎手・調教師、マルゼンスキーの中野渡清一元JRA調教師、安田富男元JRA騎手、境征勝元JRA調教師、平井雄二元JRA調教師など、現役関係者の師匠や大先輩にあたる人物が数多く情報ルートとして在籍。これほどの豪華メンバーが揃うのだから、全国から様々な競馬情報が集まってくるのは当然であり、競馬関係者から直接本音を聞き出すことも容易だろう。

 そんな最強集団が今年の有馬記念に関して、

有馬記念は絶好の稼ぎどころ。今年は昨年以上を見込んでいる」

と抜群の手応えを感じているのである。つまり、有馬記念を的中させたければ、シンクタンクが特別に公開する無料情報を参考にすればいい。難しい競馬新聞にお金を払う必要はなく、予想のために時間をかける必要もない。たった一つ、シンクタンクの情報を参考にするだけで、有馬記念の万馬券的中は目前と言えるのだ。

【衝撃】JRA有馬記念(G1)でヤバすぎる関係者情報が流出! 一攫千金続出か、「名馬三大伝説」を上回る衝撃の結末を予言の画像3
シンクタンクの平井雄二元JRA調教師

 競馬は20歳以上であればだれでも馬券を購入でき、しかも1点当たり100円からと小遣い感覚で楽しめる。しかも100倍以上のオッズである万馬券が的中すれば、その100円がたった数分で数万円となって戻ってくる。昨年の有馬記念は500倍を超える配当となった。つまり、シンクタンクを参考にした競馬ファンは、たった数分で100円が5万円以上になって戻ってくる興奮と感動を体験したのである。まさに一獲千金の瞬間だ。そして、昨年を上回る混戦模様で昨年以上の配当が見込める一戦こそ、今年の有馬記念なのだ。

「これほど自信と手応えのあるレースはなかなかない。今年の有馬記念は過去最高と言えるかもしれない。特別に無料公開を実施するので、ぜひ期待してほしい

 担当者は自信に満ちた表情でこう語る。もはや悩む必要はないはず。今年最後の一獲千金チャンスであり、絶好の条件が揃った有馬記念。シンクタンクの無料情報を活用すれば、誰でもその恩恵を受けることができる。この機会を逃せば一生後悔することになるはず。ぜひともシンクタンクの有馬記念情報を利用し、2020年を華麗に締めくくろうではないか!

CLICK → 【無料公開! 有馬記念の穴馬含む「厳選5頭!」】シンクタンク

※=本稿はPR記事です。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

【手相】適職診断“発信系”の手相  今回はラブちゃんに...

人気連載
9月20~26日「シルバーウィーク中のアナタを襲う悲劇」がわかる緊迫の4択占い!! Love Me Doが回避法も伝授!

9月20~26日「シルバーウィーク中のアナタを襲う悲劇」がわかる緊迫の4択占い!! Love Me Doが回避法も伝授!

■2021年9月20日~26日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【衝撃】JRA有馬記念(G1)でヤバすぎる関係者情報が流出! 一攫千金続出か、「名馬三大伝説」を上回る“衝撃の結末”を予言のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル