本当は怖い「日本の節分」がヤバすぎる!絶対に後ろを振り返ってはいけない!?

 愛媛県や高知県のいくつかの地域には、夜中に交差点に豆を誰にも見られずに置いて帰ってくるという、丑の刻参りをほうふつとさせるような風習が残っている。松山市出身の女性(39歳)は話す。

「誰にも見られないという条件のほかに、他の人が豆を置いているのも見てはいけないとも教わりました。そして肝心なのは、豆を置いて戻る際に、絶対に振り返ってはいけないということ。『振り返ったら鬼の世界に連れていかれる』という祖母の言葉に怯え、子供時代は全力ダッシュして家に帰っていました」

本当は怖い日本の節分!絶対に後ろを振り返ってはいけない‥‥の画像3
画像は「Getty Images」より引用

 沖縄では節分に豆をまくのではなく、月桃の葉で巻いた餅を食べ、またその餅の煮汁を家の周囲に巻いて鬼を払うという習慣がある。そして面白いのはその理由だ。

 その昔、鬼と化した男が動物や人間の子供をさらって食べていた。これを憂いた男の妹は、瓦を混ぜた餅を作って男にたらふく食べさせ、さらに自らの性器を見せながら「上の口は餅食う口! 下の口は鬼を食う口!」と言って崖から蹴落として退治した。この伝説が、沖縄で節分に餅を食べられるようになった由来だとか……。

 広島県旧高田郡出身の50代の男性も、子供時代に節分に豆をまいたことがなかったという。

「うちの家は、代々の言いつけで節分の豆まきを禁じられていました。むかし、一族の先祖が節分に鬼に出くわし、豆をまかないように懇願されたという言い伝えが残っているからです。小学校での豆まき行事も、私は見学でした。同様に、私のほかにも2人ほど豆まきに参加しない児童がいたのを覚えているので、うちの家ではなく集落の風習だったのかもしれませんが、もう真相を知る人はもういません」

 京都の花街で、江戸時代から明治・大正あたりまで行われていた風習に「節分お化け」がある。お化けといってもそれはオカルトの類ではなく、今でいうところの仮装パーティだ。芸妓が男装をしたり、遣り手婆が芸妓の格好をしたりいたらしい。鬼を化かし、厄祓いをするという意味では、ハロウィンとも通じるものがある。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

本当は怖い「日本の節分」がヤバすぎる!絶対に後ろを振り返ってはいけない!?のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル