黒髭の隠し財宝、ナチスの金塊…ファンタジーじゃない世界の「失われた財宝6選」!

 財宝伝説は世界各地に存在する。日本でも徳川埋蔵金や第二次世界大戦の折に日本軍がフィリピンに隠したという山下財宝などが有名で、一攫千金を夢見るトレジャーハンターたちが今も血眼になって探し続けている。そこで今回は、世界の特に人気のある財宝伝説6つを英「Daily Star」(3月12日付)からご紹介する。

Mystery of world’s lost treasure worth hundreds of millions and where it might be buried (Daily Star)


■モンテスマの金銀財宝

画像は「Daily Star」より引用

 15〜16世紀のメキシコで栄えたアステカは、スペインのコンキスタドール、エルナン・コルテスによって征服されて滅亡した。

 コルテスが最初に接触したアステカ王モクテスマ2世(モンテスマ)は、白い肌を持つコルテスを“神の使い”と考えて、自分の王位を明け渡すと述べ、財宝を彼に与えたとされる。だが、モンテスマは国内有力者らから弱腰を非難されて前言を撤回、スペイン人たちに立ち退くよう要求。コルテスはモンテスマにもらった財宝をテスココ湖に捨てて、逃亡する羽目になってしまった。

 この財宝は今もテスココ湖の底に沈んでいるとされ、過去何度も捜索が行われている。一方で、すでに発見されて米ユタ州に持ち去られたという話も存在する。

■黒髭の隠し財宝

画像は「Daily Star」より引用

「黒髭」として有名な18世紀の海賊エドワード・ティーチは、莫大な財産をアメリカ東海岸のどこかに隠したという伝説がある。

 大西洋沿岸やカリブ海を荒らし回った黒髭だが、最期には1718年に英海軍のロバート・メイナード大尉らによって追い詰められて殺害された。これに先立ち、彼は強奪した財宝の多くを「自分と悪魔しか知らない」どこかに隠したと言われており、その後、多くのトレジャーハンターがその場所を探し回った。

 1996年、米ノースカロライナ州沖で彼の船『アン女王の復讐号』が発見された。そこから多数の遺物も見つかっているが、伝説に語られているほどの財宝は未だ見つかっていない。

黒髭の隠し財宝、ナチスの金塊…ファンタジーじゃない世界の「失われた財宝6選」!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル