【速報】結婚式当日、息子の花嫁が「20年前に行方不明になった実の娘」と発覚! こんな事があるのか…感動の再会=中国

関連キーワード:

,

,

画像は「Daily Star」より


 結婚式当日、息子の花嫁が20年前に生き別れた実の娘だと判明する珍事件が中国で発生した。

 英紙「Daily Star」(4月5日付)によると、先週水曜日に中国江蘇省蘇州市で行われた息子の結婚式に出席した女性が、花嫁の手にある特徴的なアザから20年前に路上に捨てた実の娘であることに気づいたという。

 女性が花嫁の両親に20年前に養子をとったか尋ねたところ、両親は言葉を失ったそうだ。花嫁が養子であることは長年の秘密であったからだ。花嫁の両親は確かに20年前に路上で女の子の赤ちゃんを見つけ、養子にしたと答えたという。

 突然の出来事に花嫁は涙を流した。実は彼女は自分の本当の家族を知りたいと願っていたのだという。実の母親との再会の瞬間は「結婚式よりも幸せだった」と語っている。

 女性がどのような理由で実の娘を路上に捨てたかは分からない。この女性は娘を探していたらしいが、もし花嫁の両親が見つけていなかったらどうなっていたのだろうか……。

画像は「Daily Star」より

 ところで、花婿と花嫁が兄弟であるなら結婚は不可能だ。近親婚になってしまう。だが、実は花婿の方も養子であり、2人に血縁はないから結婚に問題ないことがわかり、無事に式を挙げたそうだ。

 素朴な疑問だが、花嫁の実母は結婚式の日まで自分の息子の結婚相手と会ったことがなかったのだろうか? 血縁にこだわる中国で、息子が結婚相手の女性を結婚式当日まで親に会わせないなんてことありえないと思うのだが……。しかも手のアザなら簡単に見えたはずだ。

 「Daily Star」のコメント欄にも「作り話だ」と疑う声があるが、真実は分からない。ただ昨年、結婚式で新婦側の親族が全員雇われた役者だったという喜劇的な事件が中国であったと報じられており(「AFPBB News」2020年5月22日付)、あながちありえない話ではないかもしれない。

参考:「Daily Star」、ほか

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

【速報】結婚式当日、息子の花嫁が「20年前に行方不明になった実の娘」と発覚! こんな事があるのか…感動の再会=中国のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル