「地底世界でエイリアンと戦闘した」暴露の元米政府職員が怪死!! 地下基地の真実、特殊部隊を次々惨殺、青ビーム直撃、口封じと脅迫…!

 世界では報じられない戦争がある。エチオピア北部のティグレ州では、昨年11月から政府軍と反政府勢力が戦闘状態に突入、同州の一部では虐殺や性暴力が横行し、飢饉が続いていると考えられているが、実態はほとんど報じられず、各国からの人道支援も届いていない。今、地獄のような状況に置かれている人々がいることを知りながら、国際社会は完全に彼らを見捨てているのだ。現地で暮らす人々の気持ちは絶望しかないだろう。一刻も早く、世界が惨状を正確に把握し、事態の収拾に動き始めなければならない。

 さて、報じられない戦闘には今回紹介するようなものもある。実は、米ニューメキシコ州の某所に存在する地下世界に足を踏み入れ、そこに住み着いているエイリアンと戦闘を繰り広げた米政府職員がいるのだ。壮絶な体験を明らかにしたフィル・シュナイダー氏は、長年この事実を隠し通してきたが、1995年にディスクロージャー活動の一環としてついに暴露した。ところが1997年、彼は謎の死を遂げてしまう。生前のシュナイダー氏は、口封じのためにさまざまな脅しを受けていたという。彼が命をかけて明かした真実について紹介した2018年6月の記事を再掲する。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 宇宙開発や地球外生命体探査など、昨今の我々は空ばかり見上げているような気がしないでもないが、案外重要な鍵は足元にあるのかもしれない。我々が立つ大地の下の地底事情はどうなっているのか、また地底に知的生命体や文明が存在するのだろうか。

「地底世界でエイリアンと戦闘した」暴露の元米政府職員が怪死!! 地下基地の真実、特殊部隊を次々惨殺、青ビーム直撃、口封じと脅迫…!の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

■建設現場に突如謎の穴が出現

 現在、ロシア・モスクワ某所にかくまわれていると言われているアメリカ国家安全保障局の元職員エドワード・スノーデン氏も、かつて地底には先進的な文明を持つ知的生命体が住んでいると言及している。はたして“地底人”は存在するのだろうか。

 1997年に50歳で謎の死を遂げた元政府職員のフィル・シュナイダー氏は、今から20年も前に世界には1477もの地下世界があり、米国内でも129カ所あることを暴露している。そしてそれらの地下世界にはエイリアンが生息しているというのだ。

 シュナイダー氏はなぜこのような情報を知っていたのか? それはシュナイダー氏が実際に地下世界に降り立ち、エイリアンを目撃し、そして彼らと戦闘を繰り広げたからにほかならない。

「地底世界でエイリアンと戦闘した」暴露の元米政府職員が怪死!! 地下基地の真実、特殊部隊を次々惨殺、青ビーム直撃、口封じと脅迫…!の画像2フィル・シュナイダー氏 画像は「YouTube」より

 1979年8月、シュナイダー氏は爆発物取り扱いのエキスパートとしてニューメキシコ州ダルシー某所で極秘裏に建設中だった地下施設の工事現場で働いていた。現場周辺には警備の意味もあるのか陸軍特殊部隊、いわゆるグリーンベレーの兵士たちが数多く駐留していたということだ。

 地上の作業現場ではドリルで地中に穴を開ける作業が行われていたのだが、別の場所の地面に突然穴が空き黒煙が吹き出てきた。突然ぽっかり開いた謎の穴だったが、黒煙の噴出が止まったところで、穴には作業用のゴンドラが設置され、シュナイダー氏自身が調査のために穴の中に降りてみることになったのだ。

■地下でエイリアンvs特殊部隊の戦闘が勃発

 穴は思ったより地中深くに通じていて、まるでゴミ箱をひっくり返したような悪臭に包まれていたという。ゴンドラに乗って穴を下降し、広い空洞に降り立ったシュナイダー氏がいきなり出くわしたのは、身長が2メートル以上もあるエイリアンであった。しかも3体いたのだ。

 念のために携行していた拳銃をとっさに引き抜いたシュナイダー氏はエイリアンに向かって発砲。2体を撃ち倒したが、もう1体は胸の前から不気味な青いビームを放ち、シュナイダー氏の胸を直撃した。胸部を裂かれたシュナイダー氏だったが幸運にも一命は取りとめる。それでもとっさの防御姿勢で左手の指を2本失い、靴が焼けて足先に火傷を負ったという。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

「地底世界でエイリアンと戦闘した」暴露の元米政府職員が怪死!! 地下基地の真実、特殊部隊を次々惨殺、青ビーム直撃、口封じと脅迫…!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル