【スプリンターズS】レジェンド級の競馬関係者が“とっておき万馬券情報”暴露! ダノンスマッシュに危険信号か!?

【スプリンターズS】レジェンド級の競馬関係者がとっておき万馬券情報暴露! ダノンスマッシュに危険信号か!?の画像1
スプリンターズSは一獲千金のためのレースに

■短距離王決定戦は波乱含み

 いよいよ今週から秋のG1が開幕する。その初戦は短距離王決定戦・スプリンターズS、芝1200mで行われる電撃の6ハロン戦だ。今年は東京オリンピックでも人類最速を決める100mの熱い戦いが繰り広げられたが、JRA最速を決める一戦も空前絶後の好メンバーが揃い踏み。相当に激しいレースとなりそうである。

 人気の中心となるのは短距離王のダノンスマッシュ。その父はJRA史上に残る短距離王ロードカナロアというまさに文字通りのサラブレッド。父も制したスプリンターズSで悲願の初制覇を成し遂げられるか、3度目の挑戦となる今回は6歳という年齢からもラストチャンスと言えるだろう。同馬は昨年の香港スプリント、そして春の高松宮記念と芝1200mのG1レースを連勝。このスプリンターズSも勝利すれば、陣営が目標とする短距離G1の完全制覇が完了。それだけに鞍上の川田騎手も同馬を管理する安田隆行調教師も、今まで以上に気合が入る一戦だ。

 しかしダノンスマッシュの不安材料は一つや二つではない。まずは4月以来の休み明けという状況だ。過去10年の優勝馬はすべて前走が6月以降。ダノンスマッシュ自身は休み明けを苦にしないが、これだけ間隔が開いているのは、データ的にはマイナス。さらに年齢もネックだ。過去には6歳で勝利した馬もいるが、過去3年の勝ち馬は4~5歳、6歳以上の馬は10頭以上が出走し、3着が1頭のみと嫌な傾向。加えて前走海外遠征のダメージも懸念されている。人気的にダノンスマッシュの取捨が大きなポイントとなるわけで、ここは同馬が好走できるかどうかをしっかり見極める必要がある。

 さらに同馬を負かそうと全力で挑むライバル陣営も強力な布陣だ。中でも前哨戦のセントウルステークス(G2)で1着レシステンシア、2着ピクシーナイトを送り出したノーザンファームの馬に注目が集まる。ノーザンファームはディープインパクトやアーモンドアイ、さらにクロノジェネシスや今年の日本ダービー馬シャフリヤールを生産した国内トップのブリーダー。昨年の優勝馬グランアレグリアに続く連覇を目指しているといって間違いない。

【スプリンターズS】レジェンド級の競馬関係者がとっておき万馬券情報暴露! ダノンスマッシュに危険信号か!?の画像2
昨年の優勝馬グランアレグリア不在で混戦模様

 そこでダノンスマッシュは今どんな状態なのか、そしてノーザンファームで買うべきはどの馬か、ありとあらゆる競馬情報を把握する、業界最高峰の競馬関係者集団「シンクタンク」に取材を敢行。彼らだけが知るダノンスマッシュやノーザンファームの裏事情、そしてこのスプリンターズSで密かに激走を狙う穴馬の存在とは? レースの核心に迫る緊迫の情報をお届けしたい。

■ダノンスマッシュの裏事情

――スプリンターズSは豪華なメンバーが揃いましたが、やはりファンはダノンスマッシュについて知りたいと思っています。どんな情報を把握していますか?

担当者  香港遠征は輸送の失敗もあって敗退し、その後は前哨戦を使わず直行というローテーション。いかに前走のダメージが大きかったかということでしょう。その後は順調に調整されていますが、不安材料もいくつかあります。レース当日までにそれらがクリアできれば、上位争いになる実力があることは間違いありません。

――なるほど。ではライバルとなるノーザンファームの各馬については?

担当者  昨年の優勝馬グランアレグリアは、このレースを見向きもせず天皇賞(秋)へ向かうことになりました。だからといって、ノーザンファームがスプリンターズSを見限ったわけではありません。大将格のレシステンシアを筆頭に、ピクシーナイト、メイケイエールといった3歳馬を参戦させます。これにも様々な思惑があり、他陣営へのプレッシャーにも繋がっています。

――ズバリ、スプリンターズSの自信度は?

担当者  シンクタンクの中でも、特に重賞の情報通として知られる元JRA調教師・平井雄二氏が率いる重賞メイン特捜部が、すでに「とっておき」と語る激走馬の存在を掴んでいます。なお今年のスプリンターズSは、レース当日の朝までダノンスマッシュやレシステンシアなど、全出走馬の最新情報を入手し続け、そのうえで馬券候補となる5頭をレース当日にファンの皆様へ無料で公開します。もちろん自信がなければ無料公開は実施できませんし、それだけの手応えを感じていると思ってください。

【スプリンターズS】レジェンド級の競馬関係者がとっておき万馬券情報暴露! ダノンスマッシュに危険信号か!?の画像3
競馬界の大御所である平井雄二元JRA調教師

――それは素晴らしいです。ところでシンクタンクさんにはレジェンド級の関係者が多く所属しているのに驚きました。

担当者  そうですね。全員の名前は明かせませんが、公表できるだけでも、ハイセイコーでお馴染みの増沢末夫(元JRA調教師)、マルゼンスキーで知られる中野渡清一(元JRA調教師)、G1を制した安田富男(元JRA騎手)、そして境征勝(元JRA調教師)、平井雄二(元JRA調教師)、畠山重則(元JRA調教師)など、現役関係者の大先輩にあたる超一流の競馬関係者が数多く情報ルートとして在籍しています。本物の関係者が入手する本物の情報を、弊社のサイト内で公開しているのです。無料でも十分に役立つ、楽しめる情報がたくさんありますので、スプリンターズSの最終情報と合わせてぜひご覧いただければと思います。

――ちなみに馬券成績はどんな感じですか?

担当者  スプリンターズSは現在2年連続的中させていますし、前哨戦のセントウルSも的中となりました。また今年はここまで万馬券を118本的中となっており、重賞レースだけでも日経新春杯(G2)の馬連5万8060円、3連複11万2200円といった高額万馬券の的中、上半期最後のG1宝塚記念でも万馬券を的中させており、情報を利用したファンの皆様から多くの反響が届いております。

――スプリンターズS以降も期待できそうですね。

担当者  去年の秋競馬は9月から12月までに51本の万馬券を的中させており、今年はそれ以上の手応えを感じています。というのもシンクタンクにとって秋競馬は『黄金の秋』と言えるほど多くの情報があり、特に来週から始まる東京開催には絶大な自信があります。スプリンターズSの的中で得た利益を、全額そこに投資するくらいの意気込みです。ぜひ期待してください。

 シンクタンクは業界最高峰の人材が集まる本物の競馬関係者集団であり、競馬ファンにとって無くてはならない存在だ。彼らが入手しファンに向けて提供される情報の数々は、既存のマスコミとは比較にならないレベルのものばかり。スプリンターズS、そして来週から始まる秋の東京開催で一獲千金を狙うためにも、今すぐシンクタンクをチェックしておこう。

CLICK → 【無料公開!スプリンターズS「厳選5頭」】シンクタンク

※=本稿はPR記事です。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

【スプリンターズS】レジェンド級の競馬関係者が“とっておき万馬券情報”暴露! ダノンスマッシュに危険信号か!?のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

人気記事ランキング05:35更新