ロシアの超絶美女が2年間で“別人の容姿”に変貌! 激太り、視力喪失、友人も彼氏も失い… 悲しい理由とは?

 人類最古の罪とは何か。それは「人のせい」である。男は女が悪いといい、女は蛇が悪いといい、蛇は、こんな状況を用意した神が悪いと言わんばかりの態度を取る。「アブラハムの宗教」の基礎「創世記」には、そんな場面がある。

 それは現在でも変わらない。悪辣な性格の男と付き合ったがゆえにすべてを失ってしまう女性がいる。たとえば、過去ロシアで「リベンジ・ポルノ」ならぬ「リベンジ事故」を食らったことで失明した女性がいた。しかし、その女性はいま歌うことで立ち上がろうとしているという。

 女性の人権を守り、地球規模でその地位を向上させていくことは、国連が掲げるSDGsの大きな目標の一つでもある。悲惨な事件や事故を繰り返さぬためにも、注意喚起として、以下、2018年3月の記事を再掲する。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


ロシアの超絶美女が2年間で別人の容姿に変貌! 激太り、視力喪失、友人も彼氏も失い… 悲しい理由とは?の画像12年前のレベデバさん「Daily Mail」より引用

 容姿が激変してしまったロシア人女性の痛ましい過去を英紙「Daily Mail」(13日付)が報じている。

 2年前、ロシア人のマリア・レベデバさん(23)は大学で法律を学ぶ優秀な学生だった。そして、学業の優秀さもさることながら、それ以上に注目を集めていたのが、通っていた大学の法学部で最も美しいと言われたその美貌だ。才色兼備の彼女には輝かしい未来が待ち受けているはずだった。

 だが、現在の彼女にかつての面影は何一つ残っていない。恐ろしいほどの激変ぶりだ。ロシア人女性は劣化が早いと俗に言われるが、わずか2年でこれほど変わるものだろうか? 完璧すぎる人生を歩んでいた彼女に一体なにがあったのか?

ロシアの超絶美女が2年間で別人の容姿に変貌! 激太り、視力喪失、友人も彼氏も失い… 悲しい理由とは?の画像2画像は「Daily Mail」より引用
ロシアの超絶美女が2年間で別人の容姿に変貌! 激太り、視力喪失、友人も彼氏も失い… 悲しい理由とは?の画像3画像は「Daily Mail」より引用
ロシアの超絶美女が2年間で別人の容姿に変貌! 激太り、視力喪失、友人も彼氏も失い… 悲しい理由とは?の画像4画像は「Daily Mail」より引用

関連キーワード:, , , , ,

人気連載

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
神の啓示で建てられた謎のビル「東京媽祖廟」に潜入=新大久保

神の啓示で建てられた謎のビル「東京媽祖廟」に潜入=新大久保

今夜21時からの『世界ふしぎ発見!』(TBS系)は、国内テレビ初取材となる台湾の...

2023.04.22 07:00スポット
南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.02.20 14:00スピリチュアル

ロシアの超絶美女が2年間で“別人の容姿”に変貌! 激太り、視力喪失、友人も彼氏も失い… 悲しい理由とは?のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル