米アラスカで謎すぎるキャトルミューティレーション事件発生! 外科手術のような正確さで牛の目・生殖器・乳房を…!

米アラスカで謎すぎるキャトルミューティレーション事件発生! 外科手術のような正確さで牛の目・生殖器・乳房を…!の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 米アラスカ州のとある牧場のオーナーが、飼っている牛の1頭がキャトルミューティレーション現象の犠牲になったと訴えている。

 地元メディアの報道によれば、この事件は先週デルタ・ジャンクションのコミュニティー近くで発生した。数頭の牛を飼っているタンジーとマット・ベイツ夫妻の畑に隣接する森林地帯にて、横たわっている牛の死骸を2人の少女が発見したという。不気味なことに、殺された牛にはキャトルミューティレーション現象に関連した多くの傷があり、特に耳・目・生殖器・乳房が外科手術のような正確さで切除されていた。「何かしらの天敵となる生物に殺されたのではないか」という指摘に対して、夫婦は「傷の切り口から動物の仕業ではない。もっと巧妙なものである」と指摘。

米アラスカで謎すぎるキャトルミューティレーション事件発生! 外科手術のような正確さで牛の目・生殖器・乳房を…!の画像2
画像は「KTOO」より引用

「私たちは肉屋をやっているので、その違いはわかります。私はもともとアイダホの出身で、以前にもカルト集団がやってきて、飼っていた牛を殺害して生殖器や目玉を持ち去るのを見たことがあるんです」と夫婦は証言している。ちなみに、ベイツ夫妻の牛が殺害されるのはこれで3件目。過去の2件に関しても同様の方法で殺害されていたのかは不明だが、ベイツ夫妻は牛たちの奇妙な殺害事件の解決の糸口となる情報を提供してくれる者に2,500ドルの報酬を提供すると発表している。もちろん、アラスカ州当局もこの事件を調査中で、3頭から採取した組織サンプルは検査施設に送られている。

 いったいキャトルミューティレーションの犯人はUFOか、カルトか、それとも別の存在なのか? アラスカ州農業局のスコット・マグラージ氏からは、「昨今の物価高で食料品もかなり高騰したので、肉を求める個人が牛を殺害したのかもしれない 」との指摘もあるようだが……!

参考:「KTOO」、ほか


【本記事は「ミステリーニュースステーション・ATLAS(アトラス)」からの提供です】

文=勝木孝幸(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

米アラスカで謎すぎるキャトルミューティレーション事件発生! 外科手術のような正確さで牛の目・生殖器・乳房を…!のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

人気記事ランキング05:35更新