牧場の牛250頭がUFOの“デスビーム”で惨殺される異常事態! 酪農家が法廷でガチ直訴も、警察の事実揉み消し疑惑浮上!=加

 牧場の牛250頭を殺されたと訴える牧場主がいる。手塩にかけた牛が、天から照射された“デスビーム”によって次々と殺されたのだという。

■250頭の牛が“デスビーム”で殺される

 1970年代からアメリカの牧場で畜牛が変死する事件が散発的に起こり、キャトルミューティレーション(cattle mutilation)と呼ばれるようになっている。いったい誰が、何の目的で、そしてどのような手口でこのキャトルミューティレーションを行っているのか。

 現場ではUFOの目撃証言も報告されていることから、UFOや宇宙人の仕業ではないのかという見解もある。とすれば、たとえば牧場の上空のUFOから殺傷力のあるビームが牛を狙って放たれ殺害したのだろうか。

 そうしたUFOの活動を裏付けるかのような証言が、カナダ・ブランズウィック州の牧場主から報告した内容がここにきて注目されている。

牧場の牛250頭がUFOのデスビームで惨殺される異常事態! 酪農家が法廷でガチ直訴も、警察の事実揉み消しか!?=カナダの画像1
「SYFY」の記事より

 牧場主のワーナー・ボック氏は2012年12月に瀕死の牛に適切な治療を行わなかった罪で法廷に立たされたが、その証言の中で、過去10年にわたって250頭もの牛が“デスビーム”によって殺されたのだと言及したのである。

「少なくとも250頭の牛が、私たちが“デスビーム”と呼んでいるもので死亡しました。周囲の空気がデスビームに変換され、牛の鼻に焦点を定めます」(ボック氏)

 ボック氏によれば、標的にされた牛たちは身動きが取れなくなり、デスビームが照射されるとゆっくり死んでいくのだという。

 こうしたデスビームによる牛の殺害は、警察(王立カナダ騎馬警察)によって隠蔽されており、ボック氏のこの証言ももみ消されているのだという。つまり地元当局に“陰謀”があるというのだ。はたしてキャトルミューティレーションに“陰謀論”が存在するのだろうか。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

牧場の牛250頭がUFOの“デスビーム”で惨殺される異常事態! 酪農家が法廷でガチ直訴も、警察の事実揉み消し疑惑浮上!=加のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル