月面着陸が捏造だった決定的証拠か? アポロ17号の写真に新たな不審点発覚、月に長髪の男が…!

月面着陸が捏造だった決定的証拠か? アポロ17号の写真に新たな不審点発覚、月に長髪の男が…!の画像1
画像は「DAILY STAR」より引用

「かつてのNASAによる月面着陸ミッションは、実際には行われていなかった」とする声は昔から存在する。かの有名なアポロ11号のミッションは地球上で撮影されたという指摘も根強く、実際アメリカ人の20%は月面着陸ミッションが行われていないと信じているという驚きの調査結果も存在しているのだ。そして今、人類はまだ月に到達していないとする説を補強する新たな見解が登場して注目を集めている。

 海外YouTuber「Streetcap1」によって「Reflection in a Visor. Where’s the reflection of the camera taking the photo?(バイザーの反射。写真を撮っているカメラの反射はどこ?)」という動画にもまとめられているが、実は1972年のアポロ17号による月面着陸の際に撮影されたといわれる写真で、宇宙服の(金でコーティングされた)バイザー部分に、宇宙服を着ていない別の人物が写り込んでおり、あたかも月面にいるように演出していたことが確認できるというのだ。

「まるで70年代初頭の、長髪にチュニックを着た男性のような影が映っています。この人の宇宙服はどこにあるのでしょうか?」(動画のナレーション)

月面着陸が捏造だった決定的証拠か? アポロ17号の写真に新たな不審点発覚、月に長髪の男が…!の画像2
画像は「DAILY STAR」より引用

 もし本当に、月面で撮影されたといわれる写真に軽装の人物が写っているなら驚くべき事だ。動画のコメント欄には「もう一人の宇宙飛行士の姿が歪んで、普通の格好の人に見えてしまったのかもしれない」と推測するコメントもあるが、肯定派も否定派も憶測に過ぎないという状況だ。いったい真実はどこにあるのだろうか。

 なお、月面着陸ミッションは1969年7月20日から1972年12月14日にかけて全6回行われており、アポロ11号のニール・アームストロングとバズ・オルドリンに始まり、アポロ17号のジーン・サーナン、ジャック・シュミット、ロナルド・エヴァンスまで、公式に計12人が月面に到達している。

参考:「DAILY STAR」、ほか


【本記事は「ミステリーニュースステーション・ATLAS(アトラス)」からの提供です】

関連キーワード:, ,

文=勝木孝幸(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.02.20 14:00スピリチュアル

月面着陸が捏造だった決定的証拠か? アポロ17号の写真に新たな不審点発覚、月に長髪の男が…!のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル