誰も知らない「重大UFO事件」7選! ブルドッグ作戦、ロズウェル機密写真、原爆科学者の告白…

 あまり知られていないものの、詳細を検証してみると見過ごすことのできない重要なUFO事件があるという。オルタナティブメディア「Mysterious Universe」の記事ではそうしたほとんど知られていない重要なUFO事件を列挙して紹介している。

■ブルドッグ作戦:1949年

 第二次世界大戦終戦のほとぼりが冷め、東西の緊張が色濃くなりはじめた1949年9月、イギリス空軍はソ連軍の空襲を想定した軍事演習「ブルドッグ作戦(Operation Bulldog)」を行った。作戦中、イギリスのケント州にあるイギリス空軍基地のレーダーで巨大な飛行物体が検知されたのである。

 レーダー基地の責任者であった故J・R・オリバー氏によると、その巨大なUFOはケント沿岸上空の高度約1万5240メートル(5万フィート)近くを時速約4800キロ(3000マイル)に近い速度で飛行していた。またそのサイズを類推すると1万5000トンから2万トンほどの間の大型旅客船または貨物船と同様のエコーであることが報告されている。

 普通の航空機ではないことは明らかであり、この後に軍の内部ではこの巨大UFOについての真剣な議論が行われたということだ。

誰も知らない「重大UFO事件」7選! ブルドッグ作戦、ロズウェル機密写真、原爆科学者の告白…の画像1
画像は「Unsplash」より

■プエルトリコ:1999年

 テレビクルーが取材した地元の女性の話によると、1999年 1月19日にプエルトリコの「エルユンケ国立公園」で女性がオオバコを摘んでいる時に、銀色で大型車ほどの大きさの空飛ぶ円盤が近くの空き地に静かに降りてくるのを目撃した。

 機体の外側にあるドアがスライドして開くやいなや、どこかから木々の間を抜けて尖った頭のチュパカブラが猛然と駆け寄ってきて、その中に入っていったのだった。その後、ドアが閉まり円盤は離陸して急上昇し視界から消えていったという。

 わずが数秒の間の出来事であったが、驚きと恐怖に満ちた目撃体験を女性は一生忘れることはできないと話している。

■ニューメキシコ州:1947年

 史上最大のUFO事件として有名な1947年の「ロズウェル事件」だが、その信ぴょう性を補強するサイドストーリーとなる話もある。

 オハイオ州ガリポリス在住のスザンヌ・クラークは、退役軍人の父親から驚くべき話を聞かされた。

 スザンヌの父親は、1965年にNORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部) に勤務していたときに、軍事機密の一連のモノクロの写真を見たのだった。写真には砂漠の地面の上に寝かされた小さくて頭の大きい死体が3体写っており、墜落したUFOのものと思われる機体の破片も大量に散らばっていた。父親によるとその場所はニューメキシコで、写真は1947年に撮影されたものであるという。まさに「ロズウェル事件」そのものであるのだが、父親は「ロズウェル事件」については何も言及しなかったということだ。

誰も知らない「重大UFO事件」7選! ブルドッグ作戦、ロズウェル機密写真、原爆科学者の告白…の画像2

画像は「Getty Images」より

■ブラジル:1986年

 1986年にはブラジルで20機ものUFOの編隊が目撃されている。

 レポートによると1986年5月19日の夜、レーダーで少なくとも20の未確認飛行物体が観測された。

 これらのUFOを最初に目撃したのはサンパウロとそしてリオデジャネイロの間を飛行していた旅客機のパイロットであった。

 報告を受けて夜9時ちょうどにサンタクルス空軍基地から戦闘機3機がスクランブル発進し、3人全員がUFOをレーダーで補足したが、目視できたのは1人だけであった。目撃したパイロットによれば、UFOの編隊は赤、白、緑の光を放っていたということだ。

 その直後、今度はブラジリア付近で同様のUFOをレーダーが検知し、アナポリス空軍基地から3機の戦闘機がスクランブル発進し、3人全員が高度6000メートルでレーダーと目視でUFOを確認した。彼らは3、4キロほど離れた距離から、赤、緑、白のライトを備えた13機の空飛ぶ円盤にエスコートされたと報告している。

誰も知らない「重大UFO事件」7選! ブルドッグ作戦、ロズウェル機密写真、原爆科学者の告白…の画像3
画像は「Getty Images」より

■テキサス州:2005年

 テキサス州東部の広大な自然に囲まれた観光名所「ビッグ・シキット(Big Thicket)」の山道は、謎の光る物体が出没する「ゴーストライトロード(Ghost Light Road)」、または「サラトガの光(Light Of Saratoga)」としても知られている。

 この地では少なくとも300年前から、木々の間を飛び交う奇妙で小さな光の玉を見たとの目撃報告が残されている。

 光のサイズは、小さいものでテニスボールほどで、大きくてもビーチボールほどである。

 2005年6月にも夜遅くにバスケットボールサイズの謎のゴーストライトが目撃されている。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

誰も知らない「重大UFO事件」7選! ブルドッグ作戦、ロズウェル機密写真、原爆科学者の告白…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル