NASAのUFO研究チームが6つの研究成果を発表! UAP現象は“本物”である可能性が高い

 NASA(アメリカ航空宇宙局)内に設立されたUFOに関する「独立研究グループ」が先日初めて公開会議を行った。会議では興味深い6つの議題が話し合われたようである。

NASAのUAP研究チームが初の公開会議

 未確認異常現象(UAP)に関連するデータを調査することを目的にNASAの内部で2022年6月に設立された「UAP独立研究チーム(UAP independent study team)」が、5月31日にこれまでの調査結果について議論するための初の公開会議を開催した。

 このチームには10万ドル(約1400万円)の予算がつけられ、元宇宙飛行士のスコット・ケリー氏をはじめ、天文学、海洋学、さらにはジャーナリズムを含む幅広い分野の計16人の専門家が名を連ねている。

 UAP独立研究チームはNASAによる初の研究組織であり、この7月末には最終の調査結果をNASAに報告する予定だ。それを前にした“中間発表”ともいえる公開会議で議論された主な議題は次の6つである。

NASAのUFO研究チームが6つの研究成果を発表! UAP現象は本物である可能性が高いの画像1
「Space.com」の記事より

太陽系内での地球外文明技術の探索

 チームメンバーの1人、宇宙生物学者のデビッド・グリンスプーン氏は太陽系の大部分はまだ手付かずのままであり、まずはここで地球外由来の遺物を調査することが先決であると語っている。そして「NASAは太陽系探査の主導機関である」と指摘した。

 グリンスプーン氏は今年初めに『Sky & Telescope』誌に、「私たちの“幼少期の文明”はすでに銀河をさまよう宇宙船5隻を打ち上げており、近くの系外惑星に小型宇宙船を送る方法を模索しているところだ」と言及している。

「成熟したET(地球外)文明が何を達成したのか、そして何十億年にもわたってどのような機械が私たちの太陽系に侵入したのかを想像してみてください。NASAが、他の場所での生命の可能性の研究に適用するのと同じ厳密な方法論をUAPに適用するなら、私たちは何か新しくて興味深いことを学ぶことになるでしょう」(グリンスプーン氏)

“本物のUFO”現象の割合はずっと一定

 ペンタゴンの「全領域異常解決局(AARO)」の所長である物理学者のショーン・カークパトリック氏は、「本当に異常である可能性がある」と分類する軍のUAP目撃件数は、AAROのデータベース全体の2~5%程度になると語った。

 この割合は1950年代には約4%、冷戦時代の5.9%と似通っており、スタンフォード大学の天体物理学教授ピーター・スターロック氏が1977年にアメリカ天文学協会の会員を対象に行った世論調査でも、回答者1356人中62人の天文学者、つまり4.6パーセントが説明できない航空現象を目撃または記録したと報告している。

 つまり目撃報告における“本物のUFO(UAP)”の割合は1950年代からずっと同じような割合であり、この一貫性においてUAP現象は“本物”である可能性が高いことが示唆されているのである。

米軍は世界中で発見された奇妙な「金属球」を追跡している

 同じくカークパトリック氏は、昨年に中東で米軍の無人機「MQ-9リーパー」によって撮影された奇妙な飛行する金属球の一件に触れ「何らかの結論に達するまでには時間がかかるでしょう。類似の天体について、より詳細に分類されたデータを取得し、その後より大規模な分析を行えるようになるまでの間です」と述べている。

NASAのUFO研究チームが6つの研究成果を発表! UAP現象は本物である可能性が高いの画像2
「Daily Mail」の記事より

 カークパトリック氏はまた、P-3偵察機が民間航空機3機をUAPと誤認したという最近の事例を1つ紹介している。民間航空機は確立された飛行ルートを移動していたのだが、当初は3機編隊のUAPと誤認して報告されたのだった。

超高速飛行物体「GOFAST」は実は遅かった

 最初はペンタゴンから流失したとされ、後に当局が公式に公開した“本物のUFO動画”の1つに写っているUFOはきわめて速い速度で飛行していることから「GOFAST」とも呼ばれるようになった。

 しかしチームメンバーの1人、ボストン大学宇宙物理学センターのジョシュ・セメター氏の分析によると、このUAPは実際は時速65キロ(時速40マイル)ほどで飛行していることが突き止められたということである。早いどころかかなり遅い飛行物体であったのだ。

NASAのUFO研究チームが6つの研究成果を発表! UAP現象は本物である可能性が高いの画像3
「Daily Mail」の記事より

オンラインの嫌がらせに悩まされている

 4時間にわたる公開会議の中でチームの複数のメンバーが業務におけるオンライン・ハラスメント被害について言及している。

 NASA科学ミッション総局の副管理者ニッキー・フォックス氏は、「パネリストたちがこのテーマを研究しているという理由でオンライン上で嫌がらせを受けたと聞くと、本当にがっかりします。NASAはパネリストを支持しており、暴言を容認しません」と述べた。

 この問題はUFOを取り巻く社会的偏見の根強い特徴であるようで、カークパトリック氏はペンタゴンのAAROチームのメンバーも同様の経験をしていると述べた。

より良い情報収集ツールを望んでいる

 チームメンバーで天文学者のフェデリカ・ビアンコ氏は、UAPの研究者は「何が異常なのかを明らかにするには、何が正常なのかを徹底的かつ深く理解する」必要があると指摘した。

 研究チームの議長を務める天体物理学者デビッド・スパーゲル氏は、NASAやその他の研究機関がUAP問題にうまく取り組むには、より優れたデータ収集機器と方策が必要であると繰り返し強調した。

「私たちが学んだことを1か月で要約するには、高品質のデータが必要です。私のキャリアの教訓は、高品質のデータと適切に調整された機器を使用して重要な質問に対処したいということです」(スパーゲル氏)

NASAのUFO研究チームが6つの研究成果を発表! UAP現象は本物である可能性が高いの画像4
「Daily Mail」の記事より

 初めての公開会議ではオンライン・ハラスメント被害などの意外な話も出たが、おおむね順調に調査が進展しているような感を受ける。7月末の最終的な調査報告でどのような発表が行われるのか引き続き注目したい。

参考:「Daily Mail」、「Space.com」ほか

関連キーワード:, ,

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji
ブログ「仲田しんじの特選あーてぃくるず」 nakatashinji.com

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

Amazonでは絶対に買えない「量子波シャワー&クリーム」がすごい! 現代科学で解明できない“量子波エネルギー”の真実を解説!

Amazonでは絶対に買えない「量子波シャワー&クリーム」がすごい! 現代科学で解明できない“量子波エネルギー”の真実を解説!

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2023.09.20 11:00スピリチュアル

NASAのUFO研究チームが6つの研究成果を発表! UAP現象は“本物”である可能性が高いのページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

人気記事ランキング17:35更新