アマゾン探検家、部族から人生を変える薬“アヤワスカ”を渡され「死んで神を見た」

 アマゾン北西部で伝統的に用いられている幻覚剤「アヤワスカ」を実際に服用するとどうなるのか。有名人がメキシコのジャングルでアヤワスカを一服盛った体験談を語っている。良くも悪くもそれは「人生を変える」体験になったということだ。

■アヤワスカを飲むとどうなる?

 南米アマゾン川流域に自生するツル科植物を原料にして作られる幻覚剤、アヤワスカ(Ayahuasca、Ayawaska)は先住民族の宗教儀式や民間療法に伝統的に用いられているが、服飲すると嘔吐を伴う強力な幻覚作用をもたらすといわれている。

 テレビ司会者で探検家のマイク・コーリー氏が、メキシコのジャングルにある先住民族の小屋の中で数人の人々と共にアヤワスカを服用した体験を自身のポッドキャスト番組「Fearless and Far」の中で語っていて興味深い。

マイク・コーリー氏 画像は「YouTube」より

 先住民の小屋で行われたアヤワスカ体験会の十数人の参加者の1人として、コーリー氏はその時の様子を詳しく語っている。

 小屋の中は1本のロウソクの明かりだけが灯されており、レクチャラーの男性がロウソクに手をかざすと、その手の影がまるでタランチュラのような不気味な形態で小屋の壁や天井に浮かび上がったという。

 全員が揃ったところでアヤワスカ最初の1杯がショットグラスほどのサイズの容器で振る舞われた。

 全員がその液体を一口飲んだ後、ロウソクの火が吹き消され、部屋の中は真っ暗闇になった。

「それ(アヤワスカ)はほとんど芝刈り機の下から出た刈りくずのような味でした。燃料と植物が混合したもので、とにかく身体に悪そうでした」(コーリー氏)

 アヤワスカを服用した人がその後すぐに嘔吐するのはよくあることで、最初に全員に渡されたボウルに何人もの人が吐いている音が聞こえてきたという。

 コーリー氏にとって最初の一杯はほとんど効果がなかったように感じたが、しかしロウソクの火が消されてから徐々に幻覚がはじまってきたという。マヤ遺跡の寺院の彫刻のような幾何学的な形状のいくつかのパターンが繰り返し目の前に現れるようになったという。

「これによって『幻覚剤を服用したときに見えるものがあるとしたら、それは実は常にそこにあり、それが見えるようになっただけなのか』という疑問が湧き起ってきます。それとも脳は周囲の世界の見るべきものを脳内に描いているのでしょうか?」(コーリー氏)

 この時点で視界はぐるぐる回る幾何学模様のパターンが繰り返されていたが、コーリー氏は少しだけ小屋の外に出ることにした。

「よろめきながらドアから出て、外で10フィートくらいのところまで歩いて、ズボンのチャックを下ろしておしっこに行きましたが、問題は私の行動がめちゃくちゃだったということです。(尿は)何も出てこなかったので、どれくらいの間そこに立っていたのかわかりません」(コーリー氏)

 その数分後、コーリー氏は嘔吐した。そしてその時点で彼は自分がどこにいるのか全く分からないことに気づいた。

「私は周りを見回し、視界の中にある渦巻く模様から葉や岩を解読しようとします。ヘビの群れのようにうごめく葉っぱの山を見て、『ああ、これはヘビではないかもしれない』と思いました。パッと見、葉のように見えますがその後変化していきます」(コーリー氏)

 この時コーリー氏は目が開いているのか閉じているのか判断できなくなるほどハイになっていたため、抱えていた毛布にくるまって床の上でジッとしていることに決めた。

画像は「YouTube」より

「そのときから事態は恐ろしくなりました。私は海で揺れていて、ほとんど浮くことができませんでした。 私は猛スピードで走る電車に小指1本でつかまっていて、自分がどこにいるのかもわからなくなり、カラフルな模様が渦巻く世界に迷い込んでしまいました」(コーリー氏)

 床の上でうずくまっているだけのコーリー氏であったが、そんな現実にお構いなく周囲の状況はダイナミックに推移しており、常に危機一髪の事態に直面していたのである。

■偉大な“存在”に見透かされる

「そして突然、ゴロゴロという音とともに“世界”が開きました。裂け目から牽引光線(トラクタービーム=SF作品などに登場する、対象物を引き寄せる効果を持つ光線)のような凄まじい光量の白い光が私の魂を直撃しました。それから私はとても強大な存在の前に立っていて、自分は取るに足らないものだと感じました。これまで体験したことのない方法で“見られている”と感じたのです」(コーリー氏)

 この時、コーリー氏はまるで異質な知性体にすべてを見透かされたかのような絶対的な恐怖を感じたという。

「まるでミミズにロケット船の設計図を見せたかのように、自分が見ている存在に比べて自分がとてもちっぽけであるように感じました。ミミズは宇宙に行くことはおろか、設計図が印刷された紙を理解することさえできません」(コーリー氏)

 何かもが圧倒的に勝った存在を前に、自分が死んでいるも同然の何でもない存在に感じられてきたというのだ。

「私は自分の快適ゾーンからはるかに外れており、私の理解もはるかに及びませんでした。とても大きくて明るい存在がありましたが、私は(それを理解する)正しい感覚を持っていません。自分が見ているものを理解することができませんでした」(コーリー氏)

「Daily Star」の記事より

 そしてコーリー氏はこの偉大な存在に何らかの捧げ物をしなければならないという強い衝動に駆られたという。この存在とは“神”だったのだろうか。

「お金? 持ち物? 財産すべて? 私たちが与えることのできる最大の贈り物は私たちの命です。そしてその瞬間、私はそれでいいのだと気づきました。自殺するという意味ではなく、単にこの存在は完璧であり、私は無であり、私が存在に提供できる最大の贈り物は私の生しかないのです」(コーリー氏)

 この体験でコーリー氏は古代マヤ文明とアステカ文明がどのようにして人身御供に重点を置いた祭祀文化を築いたのかを理解できたという。特にアステカ文明ではきわめて残酷な人身供養の儀式が行われていたことが知られているが、それが可能であった背景にはこの幻覚剤の影響があったに違いないことが、身をもって体験したことで如実に理解できたというのだ。

 コーリー氏のは今回の衝撃的な経験は人生を変えるものだったと振り返り「人生における私の見方全体が完全に変わったことは否定できません」と語る。法的な問題もあってなかなか具体的に語られることのないアヤワスカについての貴重な体験談が今回共有されたことは間違いない。

参考:「Daily Star」ほか

関連キーワード:, ,

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.03.19 16:30スピリチュアル

アマゾン探検家、部族から人生を変える薬“アヤワスカ”を渡され「死んで神を見た」のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル