聖者として崇拝される精神障害を抱えたホームレスの女性 – トピ・アンマ=インド

 すべてを手放し解脱を成し遂げた聖者なのか。それとも精神障害を抱えたホームレスなのか。ヒンドゥー教の聖地には“帽子の母”ことトピ・アンマが街を徘徊しており、彼女を目撃した者の見解を二分しているという。

■トピ・アンマは聖者かホームレスか?

 インド南部のタミル・ナードゥ州にある都市、ティルヴァンナーマライ(Tiruvannamalai)はヒンドゥー教の神、シヴァ神にゆかりのある土地として巡礼者も多く訪れる聖地である。ちなみにこの街では飲酒も肉食も厳格に禁じられている。

 このティルヴァンナーマライの路上をさすらう“有名人”が話題だ。

 ネパールの帽子であるトピ(Topi)を被ったこの中年女性は、「帽子の母」という意味で「トピ・アンマ(Topi Amma)」呼ばれ、一部の人々から崇拝の対象とされている。信奉者は彼女が完璧な悟りを開いた存在である「シッダ(siddha)」であるというのだ。

 信奉者はトピ・アンマを路上で見かけると、彼女に食べ物などの施しと共に祈りを捧げている。彼女が落としたドリンクのカップを拾いその飲み残しを「プラサード」(祝福された供物)として分かち合う信奉者もいる。また彼女の姿をスマホで撮影し、SNSに投稿している信奉者も少なくないようだ。

画像は「YouTube」より

「ティルヴァンナーマライでトピ・アンマと一緒に歩くことができてとても幸運でした」と「Oracle ACEディレクター」であるサイ・ペヌムル氏は、みすぼらしい汚れた服を着たトピ・アンマの写真をXに投稿している。

 あるYouTube動画では、彼女を「啓発された母親」と呼び崇拝の対象として扱い「このビデオでは、私たちはトピ・アンマの人生と教えを深く掘り下げ、彼女の深い精神的知恵と、彼女に出会う幸運な人々に彼女が与える変革的な影響に光を当てます」との説明が記されている。

 トピ・アンマの生い立ちと彼女がどのようにしてティルヴァンナーマライに来たのかは謎に包まれている。加えて彼女がどのようにして神秘主義者として崇拝されるようになったのかも不明である。

 トピ・アンマはシヴァ神ゆかりの神聖な丘、アルナーチャラム・クシェートラの周りをさまよっている姿がよく見られ「聖地の3人の生きているシッダの1人」だと主張している信奉者もいるということだ。

■信者に何の教えも与えない聖者

 ティルヴァンナーマライの寺院の町は、タミル・ナードゥ州で最も尊敬される場所の1つであり、この場所がトピ・アンマに神秘的な魅力を付与していることは間違いないようだ。

 政府の地区情報ウェブサイトによると、ティルヴァンナーマライはインド最古の遺跡の一つであり、シヴァ主義の中心地でもある。 「アルナーチャラの丘とその周辺は、タミル人によって何世紀にもわたって大切にされてきた」と記されている。

 この地を訪れた多くの人々はトピ・アンマに敬意を払い賞賛しているが、彼女が精神疾患に苦しんでおり、緊急の医療援助が必要だと指摘する声も少なくない。

「Oddity Central」の記事より

 確かにトピ・アンマは信者たちをほとんど無視しており、自分が神秘的な力を持つ完璧な存在として崇拝されていることを理解していないようにも見える。彼女はただ漫然と路上で一日を過ごし、どこに行っても数十人の信奉者が彼女の後を追って続いていく。

 数々のビデオでトピ・アンマが信者たちから食べ物を受け取り、それを食べている様子が綴られているが、トピ・アンマは信奉者に何の“教え”も与えてはいないようだ。

 はたしてトピ・アンマは聖なるシッダなのか。それとも精神疾患を抱えたホームレスなのか。いずれにしても彼女の健康を鑑みれば、地方行政当局か地元の宗教組織がすぐにでも保護すべきだとは思うがいかがだろうか。

参考:「Oddity Central」、「India Today」ほか

関連キーワード:, , ,

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

聖者として崇拝される精神障害を抱えたホームレスの女性 – トピ・アンマ=インドのページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル