11月の満月に行う「インドの変わった祭り」 魔王の魔物退治を祝う

11月の満月に行う「インドの変わった祭り」 魔王の魔物退治を祝うの画像1
画像は「Getty Images」より

 スーパームーンやストロベリームーンなど、満月が変わった名前で呼ばれることは多い。それだけ昔から人類が日によって姿を変える月に神秘性を見いだしてきたことの証左でもある。特にネイティブアメリカンの人々はその月ごとの満月に対し、時期にあった名前をつけていたそうだ。前述のストロベリームーンもその1つで、これは6月の満月を指す。

 この時期の月がイチゴのように赤く見えるから……ではなく、毎年6月頃がイチゴの収穫期になることからこの名前がつけられた。他にもオオカミが繁殖期を迎え、遠吠えがよく聞こえる1月の月はウルフムーン、農作物の収穫期にあたる9月の月はハーベストムーンと呼ばれている。また、11月の満月はビーバーが巣作りを行う時期のためビーバームーンと言うそうだ。

 ところ変わってインドでも、11月の満月に特別な伝説があるという。インド南部のゴア州にあるシュリスタル村では、11月の満月は「魔王と退治された魔物を称える月」とされているのだ。

 インドのヒンドゥー教徒にとって、1年のこの時期はクリシュナ神が好む時期とされ、「カルティク月」と呼ばれている。そのためクリシュナ神に祈りを捧げたり、断食を行うと功徳を積めるとされている。シュリスタル村ではカルティク月の期間に出る満月の夜は、古代の魔王バリが別の魔物ルーマダバントを退治したことを記念して盛大な祭りを行うというのだ。

 魔物が仕留められたとされる寺院の敷地には神聖な柱が置かれており、今週は伝統に従って柱が飾り付けされた。村の若者たちは倒された悪魔に敬意を表して、満月の光の下で「ゴーヴィンダ、ゴーヴィンダ」と唱えながら柱のまわりを一周し、花とろうそくを置くそうだ。

 広い世界には、さまざまな祭りや風習があるものなのだ。

参考:「Coast to Coast AM」、ほか

【本記事は「ミステリーニュースステーション・ATLAS(アトラス)」からの提供です】

関連キーワード:, , ,

文=勝木孝幸(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

ミステリーニュースステーションATLAS編集部員
ミステリー&オカルト専門ニュースサイト「ミステリーニュースステーションATLAS」では、UFO、UMA、幽霊、怪談、都市伝説など過去から最新のニュース紹介。

勝木孝幸(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

11月の満月に行う「インドの変わった祭り」 魔王の魔物退治を祝うのページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

人気記事ランキング05:35更新