世界の終わりは2年〜8年後!?一人の少年が見た未来、さらに終末の“ビジョン”を見る者が続出!近未来はAIが統治か

 11歳の少年はどのような未来の“ビジョン”を見たのか――。ほんの数年後の近未来、4つの顔を持つ天使がこの世の終末を告げるという。

Created with DALL·E

■AIが統治しロボットのほうが多い近未来社会

 混迷を極める現在の世界情勢の中、多くが先行きの見えない生活を余儀なくされているが、それ故なのか、この世の終末の光景が繰り広げられる“ビジョン”を見たという話が数多く報告されている。この世界はどのようにして終わるというのだろうか。

 4月27日にYouTubeに投稿された興味深い動画では、サミュエル君(11歳)が見た“ビジョン”が本人の口から語られている。近い将来の社会の様相を説明するこの少年の動画は瞬く間に多くの人々の注目を集め、数週間で80万回再生を越える視聴回数を記録した。その内容は多くの共感を呼ぶと共にさまざまな憶測が飛び交っているようだ。少年が見た未来とはいったいどんな様相を呈しているのだろうか。

サミュエル君 画像は「Wikipedia」より

 少年は数々の幻視や啓示から聖書的な物語を彷彿とさせる光景を描写している。終末後の新たな世界はAIによって統治され、人型ロボットの数が人間と同等かそれを上回るようになるという。

 ロボットは教師、販売員、運転手、さらには親友としても機能している。人間同士の交流は減少し、人々は感情を失ったゾンビのように街を歩き回り、我が子の涙にも無関心となる。しかし思いやりのあるロボットはすぐに子どもたちに寄り添い、子どもたちのニーズに応えるようになる。

 将来的には、食品を含むほぼすべての商品が3Dプリンターで生産されるようになる。こうした食べ物は見た目が美しく美味しいだけでなく、昆虫や石油化学製品などの原料から作られる場合もある。

 暮らしの中でのタスクは、右手に装着した四角いタトゥーに似たデバイスで管理するようになる。デバイスを起動すると、光でできたスクリーンとキーボードがこの四角形から出現してその場で入力が可能となる。

 施設のすべての入り口に顔認識カメラが設置され、たとえばピザ屋に入るとロボットが即座にその人物の好みのメニューを準備し始めるシステムが可能になる。

 ではこの世の終末はどのようにして起きるのか。それは世界の終わりとなる大戦争によって起きるのだが、戦争は4年以内には終結するという。

 ちなみにこの時点でサミュエル君はティーンエイジャー(13~19歳)になっているという。つまり早ければ2年後、遅くとも8年後の近未来の話ということにもなる。

 大戦争の終結時にイエスの再臨が起き“最後の審判”となる。4つの顔を持つ天使たちが入れ墨を彫られた罪人たちを地獄に送り、選抜プロセスを通過した一部は人類再興のグループに加わることになるということだ。はたしてこの少年が説明する未来がすぐそこまで迫っているのだろうか。

■終末の“ビジョン”を見る者が続出

 11歳の少年、サミュエル君が語る近未来について、YouTubeユーザーから多くのコメントが寄せられている。同様の“ビジョン”を見たという報告も少なくない。以下がその主な書き込みだ。

「聞いて本当に信じられないほどでした。私は昨夜夢を見ました。そしてこの少年の記憶が呼び覚まされました。私はまるで人間であるかのように人々に話しかけるロボットや、まるで他人であるかのようにロボットと対話するロボットを見ました。彼らが本物の人間ではなくロボットだったという夢を見たのを覚えています。私はロボットと本当の関係を築くことができません」(@mindymarie3379)

画像は「Pixabay」より

「先週夢を見ました。周囲は完全な混乱に見舞われました。伝染病、疫病、死、悪霊に取り憑かれた人々、地上の闇と悪。私の周りの誰もが私を攻撃しようとしましたが、私はイエスの名において抵抗しました。そして何も私を傷つけることはできませんでした」(@StandUp777)

「私は夢を見ました。地球上の光の半分が消え、その後キリスト教徒への迫害が始まりました。私は祖父が首を切られるのを見ました。念のため言っておきますが彼は95歳です」(@MsTwincy)

「私も最近終末の夢を見ました。辺りは大混乱に陥り、建物は燃え上がり、いたるところに死者が横たわっており、辺りはひどく暗かった。最初は地獄にいるのかと思いました。そして突然、YouTubeの宇宙人の船のような光が空にたくさん見えました。そこから彼らは地球上の人々の名前を叫び、一人ずつ引き出しました」(@samuelarzadon244)

「2020年10月23日、娘と私は深い眠りに落ちました。突然、空でトランペットの音が聞こえました。私たちは同時に起きて、お互いの手を握り「トランペット!」と言い合いました。私たち二人が夢の中の天国で同じ出来事を目撃したことをどう説明できますか?」(@andrealoftis7581)

画像は「Pixabay」より

「夢の中の少年は何歳でしたか? 私の妹は2013年2月頃、世界の終わりの夢を見ました。彼女には2人の子供がいました。当時娘は12歳、息子は9歳か10歳でした。その夢の中で、妹は確かに未来の子供たちの姿を見ました。現在、彼女の娘は8歳です。つまり事件が起こったとき彼女の娘が12歳だったとすれば、彼女の人生にはあと数年しか残されていないことになります」(@matthewmathis62)

 なんとこのコメントによれば世界の終わりはあと4年後に迫っていることになる。はたして世界の終末は近いのか。そして今後さらに多くの人がこの世の終わりの“ビジョン”を見ることになるのだろうか。

参考:「Soul:Ask」ほか

関連キーワード:, , ,

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

世界の終わりは2年〜8年後!?一人の少年が見た未来、さらに終末の“ビジョン”を見る者が続出!近未来はAIが統治かのページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル