米露が「起源不明」と判断!MUFONが“UFOのサンプル”の詳細を明かすと発表「これまでで最も重要」

イメージ画像 Created with DALL·E

 世界最大規模の民間UFO研究団体であるMUFONこと相互UFOネットワークが、7月13日のライブイベントにて「UFOから採取されたとされるサンプルに関連する調査結果」を明らかにする予定だと述べて話題になっている。今回の発表は同団体の中でも「これまでで最も重要なUAP関連プレゼンテーション」になるという。

 プレスリリースによると、問題の物質は同団体がロシアのUFO調査官から受け取ったUAP関連資料で、既にロシアとアメリカ双方の研究所で検査され、どちらの調査でも「起源不明」であることが判明しているという。

 また、MUFONに送られたいくつかのサンプルは同団体の調査官であるロバート・スピアリング氏によって回収される前に、アメリカ国内の私書箱から盗まれたとも報告されている。何者によって盗まれたのか気になるところだが、防犯カメラのデータが改ざんされていたためこれ以上の捜査ができない状況になっているとか。

 MUFONのメディア・リレーション・ディレクターのロン・ジェームズ氏は貴重なサンプルの盗難被害について「我々は、この資料に対する更なる調査を妨害するために、ロックされた私書箱を技術的に破ることができる何者かによって故意に盗まれたと考えている。 誰がやったかは誰にもわからない」とし、「この話を裏付ける証拠と、シンポジウムで共有する他の証拠は、これを今年最大のUFO関連ニュースにする可能性がある。我々は、非人間的な技術の物理的な資料とより多くの証拠を持っている」と今回の発表がいかに重要なものであるかを語った。

 気になるUFOサンプルは現地時間の7月13日土曜日午後8時に発表される予定。報告内容が気になるところだ。

関連記事:Unexplained Mysteries

【本記事は「ミステリーニュースステーション・ATLAS(アトラス)」からの提供です】

関連キーワード:, ,

文=飯山俊樹(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

ミステリーニュースステーションATLAS編集部員
ミステリー&オカルト専門ニュースサイト「ミステリーニュースステーションATLAS」では、UFO、UMA、幽霊、怪談、都市伝説など過去から最新のニュース紹介。

飯山俊樹(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

米露が「起源不明」と判断!MUFONが“UFOのサンプル”の詳細を明かすと発表「これまでで最も重要」のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

人気記事ランキング更新