釣崎清隆
死体写真家として知られ、ヒトの死体を被写体にタイ、コロンビア、メキシコ、ロシア、パレスチナ等、世界各国の犯罪現場、紛争地域を取材し、これまでに撮影した死体は1,000体以上に及ぶ。写真集『DEATH:PHOTOGRAPHY 1994-2011』(Creation Books)、著書『死者の書』(三才ブックス)、DVD『ジャンクフィルム』など多数。近著に『原子力戦争の犬たち 福島第一原発戦記』(東京キララ社)がある。

手洗いも意味なし!? 福島第一原発元作業員の死体写真家が「新型コロナ対策の核心...

――死体写真家で元福島第一原発作業員の釣崎清隆が寄稿...

NEW 

鬼畜系の弁明 ― 死体写真家・釣崎清隆寄稿「SM、スカトロ、ロリコン、奇形、死体...

――過激表現は不快だとして排除されゆくポリティカルコ...

NEW 
トカナ TOCANA公式チャンネル