>  > 死体安置所で目覚めた老婆はその後……!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

凍死

,

医療ミス

,

死体安置所

,

老婆

,

訴訟

 その絶望たるや、想像を絶するものだったことでしょう。なんと、医師の誤診で死亡宣告を受けた老女が、霊安室の冷凍保管庫の中で目を覚まし、脱出を試みた末に凍死していたというのです。今月2日、「ロサンゼルス・タイムズ」を始めとする欧米のメディアが一斉に報じ、話題を呼んでいます。

frozen.jpg

 事件が起きたのは、2010年7月。マリア・デ・ジーザス・アロヨさん(80)は、心臓発作を起こしてロサンゼルス市内にある「ホワイト・メモリアル・メディカル・センター」に搬送されました。その後の懸命な治療もむなしく、アロヨさんは回復の見込みがないと医師から判断され、死亡が宣告されます。そして家族の引き取りを待つ間、彼女の遺体は霊安室で冷凍保管されたのです。

 その後、病院に葬儀業者が到着し、アロヨさんの遺体と対面した時に異変が発覚します。冷凍保管庫から引き出された遺体袋は半開きで、中のアロヨさんは仰向けにされていたはずがうつぶせになっていました。さらに彼女の鼻は折れ、顔面には切り傷がついており、それは化粧で隠すことができないほど、ひどいものだったといいます。

 当初、アロヨさんの夫と8人の子どもたちは遺体が手荒く扱われたことを疑い、病院側を相手取って訴訟を準備していました。しかし、その過程で行われた病理医による調査で、驚くべき事実が明らかとなります。なんと、死亡宣告を受けた時点ではアロヨさんが生存しており、その後、冷凍保管庫の中で覚醒し、外に出ようと必死にもがいていたというのです。そして、冷凍保管庫から抜け出すことができなかった彼女は、窒息と低体温症で亡くなってしまった、と結論づけられたのでした。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。