>  > 『アナ雪』大ヒットの裏に「同性愛」の隠しテーマ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ディズニー

,

同性愛

,

市場

anatoyukino.jpg
イメージ画像「アナと雪の女王」公式HPより

 大ヒット上映中のディズニー映画『アナと雪の女王』(以下、『アナ雪』)。公開から1カ月で観客動員数が約750万人を突破し、高い評価の口コミ効果も絶大で、ゴールデンウィークにはさらに客足が伸びそうだ。

 そんななか、一部で噂され、話題を集めているのが“『アナ雪』の本当のテーマは同性愛”という説だ。

 確かに『アナ雪』には、これまでのディズニー映画とは大きな違いが数多くある。物語は王女・エルサとその妹・アナの姉妹が主人公というディズニー映画初のダブルヒロインだが、エルサは「プリンセス」という役割にもかかわらず、お約束であるはずの“お姫様願望”を持ち合わせていない。

 さらに、触れるものをすべて氷にしてしまう力をもつエルサは、その魔法を隠すために人と接触せず引きこもり状態。これが、同性愛者が抱える葛藤と似ていることから「魔法=同性愛のメタファーでは?」と憶測する意見も。たしかにそう考えると、エルサが劇中に歌う『Let it go』に込められた“ありのままの自分でいい”というメッセージは、カムアウトの歌とも受け取れる。


■米で非難の声!? 『アナ雪』同性愛表現!?

 実際、本国・アメリカでは、こうした見解がニュースメディアでも取り上げられるなどし、“子どもたちを同性愛者にさせようとしている”“同性愛が露骨に表現されている”と非難する声も挙がったという。しかし結果は、『アナ雪』はアメリカでアニメーション映画として史上最大のヒット作に。これに対し、一部では同性愛をテーマにしたことこそが、ヒットの要因と見る向きさえあるほどだ。


■6兆円超え!? 巨大な未開拓市場だった、性的マイノリティ

 同性愛をテーマにするとヒットする──。そのつながりにピンとこない人も多いかもしれないが、近年、世界では急速に同性婚認可が進んでおり、アメリカでは異性間にのみ結婚を認める「結婚防衛法」に違憲判決が下され、昨年だけでも南米ウルグアイ、フランス、ニュージーランドなどが、同性婚に関する法案を可決。今年はイギリスでも同性婚法が成立した。さらに、同性愛カップルに異性間による結婚と同様の権利や保障を認めるパートナーシップ法を採用する国も増えている。そうした流れの中で、性的マイノリティと呼ばれるLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)は、ビジネスの世界でも“新たなマーケット”となっているのだ。無論、それは日本も例外ではない。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。