• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

アメリカ

,

アルカイダ

,

テロ

,

名前

,

飛行機

 親からつけてもらった大切な名前。「シンプルな名前ほど出世する」という研究結果や、「キラキラネームが人生のハンデになる」との指摘もあるが、誰も予期しなかった形で不利益を被るケースもあるようだ。

 先月25日付の「Le Dauphiné Libéré」紙が報じたところによると、なんと名前が原因でアメリカへの入国を拒否されてしまったフランス人女性がいるという。シャンベリという街に暮らすこの女性の名前は、アイーダ・アリックさん(33)。彼女は夫と二人の子どもとともに、休暇でアメリカ観光を楽しむ予定だった。


■乗り継ぎのための空港で……

Alic_2.jpg

 フランスを出発したアリックさん一家は、まずスイス・ジュネーブ国際空港に到着。そこでJFK国際空港行きの便に乗り継ぐ予定になっていた。しかし空港職員から思ってもいなかった言葉が。「アイーダ・アリックさんはアメリカへ入国することができない」というのだ!

 もちろん、彼女は危険人物ではない一般市民。しかし空港職員は、アリックさんがアメリカに渡航できない理由も明かさない。結局、必死の訴えもむなしく一家はアメリカ行きを断念せざるを得なくなってしまった。しかも航空券の払い戻しすら受けられず、アリックさん一家は約39万円近くを損してしまったという。


■名前を何度も読んでみると!?

 一体、アイーダ・アリックさんの名前の何が問題だったというのだろう。本人にはすぐに理由が思い当たったようだ。パスポート上で、彼女の名前は苗字が先に記載されていた。つまりパスポートに記載された名前は、「アリック・アイーダ」。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。