>  >  > 謎の超巨大海洋生物が存在する!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

オーストラリア

,

ゴジラ

,

サメ

,

深海

 海の中には、まだまだ私たちの想像も及ばぬ世界が広がっているのかもしれません……。オーストラリアの研究チームが、「人喰いザメ」としても知られるホホジロザメを軽く上回る巨体と獰猛さを持つ、謎の海洋生物の存在について言及し話題となっています。今月7日の英紙「The Daily Mirror」は、この謎の巨大海洋生物について「ゴジラ」や「クラーケン(巨大タコ)」、「メガ・ピラニア」などに例えて報じました。

WhiteShark.jpg
ホホジロザメ「The Daily Mirror」より


■データが物語る真実

 今回オーストラリアの研究チームは、体長2.7mほどのホホジロザメの体に装置を取り付け、その生態を追跡調査していました。しかし約2カ月後、その装置は海岸に打ち上げられているところを発見されます。そして科学者たちがそれを回収・修理し、内部に記録されていた情報を分析したところ、驚くべき事実が明らかとなりました。

 体に装置を付けられたホホジロザメは、突然、水深約580mまで急潜水。そしてその直後に、装置が急激な温度上昇を記録していたのです。この急激な温度上昇は、まさに装置が何らかの生物の消化器官に入ったことを示しているようでした。つまり調査の対象だったホホジロザメは、別の生物による攻撃を受け、食べられてしまったと考えられるのです。

 しばらくの間、装置を食べたと思しき謎の生物は、水深500mに留まり続けました。ごくまれに水面近くに上がってきても、再び海深くへと潜っていたようです。そして後に体内から装置が排出された結果、海岸へと漂着したのでした。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年1月 9日 21:09 | 返信

シャチかマッコウクジラか、そんなところでしょうか、
サメ自体が何らかの原因で先に死んだ後、補食された可能性もあるでしょう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。