>  > マリエル・クレイトンが生み出す邪悪なバービーワールド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
無邪気さの中に潜む狂気 ― マリエル・クレイトンの“邪悪なバービーワールド”

 1959年の発売以来、本国アメリカはもとより世界中で愛されているバービー人形。女性を取り巻く時代の変遷ともない、形態や表情などを変化させてきたバービー人形だが、今でも変わらないのは、その時代時代の “愛される女子の有り様” を具現していることだ。  そんなバービー人形をモチーフにかなりイカレたジオラマを作成、写真作品として発表しているアーティスト。それが、マリエル・クレイトンだ。  マリ...

人気連載

奇習! 全裸で拘束されて晒される不貞の男女―おぞましき裸刑の実態

【日本奇習紀行シリーズ】 山梨県・某地方 ※イメージ画像:T...

意図を超えてやってくるものを意図的に働きかけるパラドクスとは? シュルレアリスト・瀧口修造が追い求めた「デカルコマニー」

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...