>  > マリエル・クレイトンが生み出す邪悪なバービーワールド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
無邪気さの中に潜む狂気 ― マリエル・クレイトンの“邪悪なバービーワールド”

 1959年の発売以来、本国アメリカはもとより世界中で愛されているバービー人形。女性を取り巻く時代の変遷ともない、形態や表情などを変化させてきたバービー人形だが、今でも変わらないのは、その時代時代の “愛される女子の有り様” を具現していることだ。  そんなバービー人形をモチーフにかなりイカレたジオラマを作成、写真作品として発表しているアーティスト。それが、マリエル・クレイトンだ。  マリ...

人気連載

“せむし男表現”をめぐる日本と欧米の温度差 ― 絶滅した「せむし男映画」の世界【後編】

※イメージ画像:『ヘルショック 戦慄の蘇生実験 デジタル・リ...

なぜ、せむし男は消えたのか? ― 絶滅した『せむし男映画』の世界【前編】

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...