>  >  >  STAP細胞は3千年前のインドにあった!? インド・グジャラート州の歴史教育

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:インド, 仲田しんじ, 宗教, 教科書, 教育, 歴史
STAP細胞は3千年前にあった!?  インドの歴史教育がブッ飛び過ぎ!(グジャラート州)

 歴史認識や解釈をめぐる「教科書問題」を抱える国は、我が国を含め決して少なくない。国家間での歴史認識の違いが議論されることもあれば、教科書検定をめぐって国内で論争になることもある複雑な問題である。しかし、インド西部のグジャラート州で、小学校の生徒たちに配布されている歴史図書がなにやら凄い(!?)内容になっているということで、いま注目を集めている。 ■執筆者の“想い”が詰まった学校配布図書 ...

人気連載

ポール・オースターファンはなぜ“狂気の”ジャベスを知らないのか?

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...

震災後の自主規制はいつまで続く? 今年の3.11、テレ東も放送映画を変更していた…

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...