• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

がん

,

仲田しんじ

,

医療

,

幹細胞

,

 習慣的な喫煙や飲酒、偏った食事、過労、不規則な生活スタイルなど、がん発生の“容疑者”には様々なものが挙げられている。一方で不健康の塊のような人物が意外にもがんとは無縁であったり、健康そのものの生活を送る人が突然がんを発症したりすることも事実だ――。そんな中、先頃発表された論文が「がんになるのは単なる生物学的な不運である」と主張していることから大きな反響を呼んでいる。


■ほとんどのがんは運悪く発症

cancersbadluck2.JPG
研究チームが作成したグラフ(散布図) 画像は「Science」より

 今月2日、科学誌「Science」に発表された論文で、米ジョンズ・ホプキンス大学の研究チームはガンの発生を説明する数式を提案している。

 論文には分かりやすいグラフ(散布図)が使われている。31種類の臓器の生涯における幹細胞分裂の回数を横軸とし、臓器ごとのがん発症確率を縦軸にして各臓器を配置したグラフで、ほぼキレイな右肩あがりの散布図になっている。つまり単純に、幹細胞の分裂回数の多い臓器ほどがん発症のリスクが高いということだ。大腸(結腸)がんや肺がんなどのメジャーながんはやはり幹細胞の分裂回数が多いことが如実に分かるようになっている。

 幹細胞の分裂回数が多ければそのぶん、分裂時に突然変異する確率が上がり、結果的にがんの発症リスクも高まるということになる。研究チームはこの統計理論で3分の2のガンの発症を説明できるという結論に達したということだ。また、この統計を作成する際に使った過去のがんに関するデータの中には品質に問題があるものが少なくないことから、この理論で説明できるがんは実際には3分2を大きく上回る可能性があることも示唆している。

cancersbadluck1.JPG
ジョンズ・ホプキンス大学のクリスティアン・トマセッチ氏 画像は「YouTube」より

 そしてこれはつまり、少なくとも3分の2のがんは、これまでがんの重要な発生要因と考えられてきた喫煙習慣や放射線被爆などの外部因子や遺伝的要因などにはまったく関係がないことを示すことになるのだ。

 研究チームの中心であるヴェート・ボーゲルシュテイン氏とクリスティアン・トマセッチ氏は、「ほとんどのがんは運悪く発症します」と述べ、また「これは細胞分裂を必要とする生物につきまとう共通のリスクなのです」と結論づけている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。