>  > 数奇な運命を経て公開される映画『クラウン』とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

クラウン

,

ピエロ

,

映画

0313crown01.jpg

 13日の金曜日。誰もが知っている呪われた日に、3月21日にヒューマントラストシネマ渋谷にて公開される映画『クラウン』を紹介すべく、宣伝プロデューサーがtocana編集部にピエロに扮し来襲!! 映画の宣伝のために身を張っている宣伝プロデューサーの聞くも泪、語るも泪の悲哀にあふれるエピソードを伺ってみたゾ。

宣伝プロデューサー(以下、宣伝P):お疲れ様です。今日はよろしくお願いします。

――わざわざお越しいただき、ありがとうございます。もしかしてそのピエロの格好で街を歩いているんですか?

宣伝P:そうですよ。公共の交通機関を使いつつ、街を歩いています。この格好で歩くと、人通りが多いところを歩いても人がこちらを避けてくれるので動きやすいんですよ! 一度、どうですか?

0313crown02.jpg
まずは名刺交換から

――あはは、遠慮しておきますー。今回は何件ほど、メディアを周られる予定ですか?

宣伝P:5件回りますよ。全部回らないとメイクを取ったり、衣装を脱いじゃダメって話になりまして…。

――辛いですね。すでに夕方ですけど、お食事などは?

宣伝P:いやー、このまま食事処に入ったら怒られるのではないかと怖くて…。なので、今日は朝からまだ何も食べていないんです…。

――…悲哀にあふれていますね。

宣伝P:いやいや、これくらいはなんのそのですよ。映画『クラウン』に登場する主人公はもっと辛い目にあっていますからね。

――そうなんですか?

宣伝P:この映画は、息子の誕生日を祝うために父・ケントがピエロを呼んだのですが、ドタキャンされてしまうんです。そこで急遽ケントが、ピエロの衣装を身にまとい、登場してその場をしのぐのですが、なんとその衣装は呪われていて、脱ぐことができなくなってしまうんです。

――すごい理不尽ですね! 息子を楽しませようとしただけなのに!!

宣伝P:そうなんですよ。物語が進むに連れて衣装は肉体と一体化していき、顔も徐々に自分のものとはかけ離れたものになってしまうんです。衣装を脱ぐためには、5人の子どもにあることをしなければならないと、邪悪なピエロから教えられるのですが…。その秘密とラストシーンは、ぜひ劇場でお楽しみください。

――ひょんなことから、数奇な運命を辿ることとなったケントのラストが気になります。

宣伝P:数奇といえば、この映画『クラウン』が作られるきっかけも一風変わっているんです。実は、この映画はYouTubeにアップされたひとつの動画から誕生したんですよ。その動画は、この映画の予告編に見えるのですが、勝手に制作者としてホラー映画の大御所イーライ・ロス監督の名前をクレジットしたりやりたい放題だったんですよ。

――えーっ!?

宣伝P:すると、公開してから2日後に製作者の元にイーライ監督直々に連絡があったそうなんです。製作者は『ヤベェ、訴えられる!!』と思ったらしいのですが、なんと監督からは怒られるどころか大絶賛されて、一気に映画化へ進み始めたんです! 映画ファンからの発信から作品に制作につながった稀有な例なんですよね。フェイクと本予告は若干違うところもありますし、本編を見る前に比較されても面白いですよ。

こちらは制作のきっかけとなったフェイク作品
そしてこちらが本物の予告編

――なるほど~。YouTubeなどが普及した現代ならではって感じがします! さて、今回ユニークなPR活動をされていますけど、今後も継続して行われる予定ですか?

宣伝P:この手の小規模な洋画は、メディアで紹介してもらうのも一苦労なんです。なので、ピエロに変身するくらいで、紹介してもらえるのであればいくらでも変身しますよ!! 最近、映画館減ってきているじゃないですか。シアターN、銀座のシネパトスなども閉館してしまっている寂しい状況が続いていますが、なんとか盛り上げたいんです!!

0313crown05.jpg
負けるな!! 宣伝P!!!

 『クラウン』は愛する息子を喜ばせるために父がピエロになったが、宣伝Pも愛すべく映画のためにあえてピエロ役を買って出たのかもしれない…。取材を終えた宣伝Pは「次の現場が待っているんです…」と力なくつぶやき、肩を落としつつオフィスから立ち去った。彼も『もうやめちゃえば?』という悪魔の誘惑と葛藤していたのだろう。頑張れ、宣伝P!! 映画を愛してやまない彼は、21日にもピエロへ変身し、ヒューマントラストシネマ渋谷に登場する予定とのこと。さぁ、公開初日はぜひ劇場に向かい、ホラー映画のために奮闘する彼の勇姿(!?)を見ようではないか。ホラー映画の未来は宣伝Pにかかっている…のかも!?

■映画『クラウン』公式サイト

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。