>  > 全米「レイシストマップ」公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

ジョー丸山

,

レイシスト

,

人種差別

,

地図

 先月、アメリカ東部ボルティモアで人種暴動が発生した。これは、黒人青年が警官の過度な暴行により死亡した事件がきっかけだった。アメリカ史上初の黒人大統領バラク・オバマ氏が誕生してから早くも6年経つが、暴動のきっかけとなった事件で露見したあからさまなヘイトクライムや人種差別思想「レイシズム」などが表だって見えない形で広がっているという――。

■「レイシストマップ」が公開される

 先月28日「Washington Post」が報じた、Googleの検索結果から作成された、アメリカのレイシズムの広がりを可視化した「レイシストマップ」が話題を呼んでいる。

racistmap1.JPG
「レイシストマップ」 「Washington Post」の記事より

 地図上の赤く示された地域はレイシスト指数が高く、そして青くなるに連れレイシスト傾向が低くなっている。地図を見るとアメリカで最も人種差別意識が高いと表示されている都市は北東部に集中しており、西部地方にかけてレイシズム傾向が低いことがわかる。特にアメリカ北東部のペンシルバニア州を中心とするコール(石炭)地帯と呼ばれるエリアと、カナダとの国境地帯で五大湖を跨ぎウィスコンシン州東部までを示す「ラストベルト地域」(共に主な商業のグローバル化が進み、事業の外部委託が促進されたことによる不景気が進んでいる地域)で、レイシズムが広まっていることを示している。また、北東部に位置するアメリカ合衆国の最も古い地域でアメリカ独立戦争発祥地であるニューイングランド地方とニューヨーク州の2つの地域も、レイシズムのホットスポットであることが判明した。

■従来の聞き取り調査は事実と異なる! 「Googleトレンド」を使用した斬新な調査方法

 今回作成された「レイシストマップ」は、データ科学者のセス・ステファンズ・デヴィッドウィッツ氏が考案した方法論により作成された。この調査方法は、以前オバマ氏が当選したアメリカ大統領選挙の際、いかにレイシズムが選挙結果に反映するかを調査するために使用されたものだ。従来のシンプルな方法で行われる差別意識調査とは一線を画し、「Googleトレンド」を使用するという画期的な方法が取られる。

 Google上での検索ワードの結果をまとめた「Googleトレンド」を使った調査は、公的機関などによる調査よりも結果がストレートに出やすいとセス氏は語る。

「人はGoogleでワードを検索する場合、PCの前でひとりになることが多い。そこでは、社会的にタブーな考えを表に出しやすくなる傾向があるんです。つまり人はGoogleの前では驚くほど率直に、素の自分になれるのです」(セス氏)

 また、従来の調査方法による結果では、アメリカは比較的異民族に対して寛容であるという結果が出ていた。しかし、その研究結果と実際に存在する差別意識とのギャップが重要だと語る。

「もし、真正面から『あなたはレイシストですか?』と聞いた場合、ほとんどの人がシンプルに『NO』と答えるでしょう。それはアメリカの現代社会で広まっているレイシズム思想が知らないうちに、潜在意識に作用しているからだといえます」(セス氏)

 セス氏の考案した「Googleトレンド」を使用した調査方法を使い、今回メリーランド州大学、コロンビア大学、エモリー大学、ハーバーランドの研究者たちが黒人に対するヘイト表現である「ニガー」というワードが含まれる検索に着目してレイシズム意識調査を行った。すると「ニガー」は、「偏頭痛」、「エコノミスト」、「セーター」、「デイリーショウ(アメリカの人気番組)」、「レーカーズ(NBAの人気チーム)」というワードと同頻度に検索されていた。こういった膨大な検索データをもとに数年かけて地域の人々の関心を研究し、エリア別に比較した結果、レイシズムが最も広がっている地域にある恐ろしい傾向があること判明した。

関連キーワード

コメント

6:匿名2015年12月14日 20:29 | 返信

これらのレイシストマップの結果はアメリカ中の全ての有色人種に対する差別に繋がるんですかね?

5:聖なる大国ロシア2015年7月12日 19:56 | 返信

>>4

匿名さん。
ロシアが同性愛に寛容でないのは近くにイスラム教諸国があるからです。
実際にイランラジオのイスラム社会文化論で同性愛容認は、社会崩壊に向かう内容が放送された。
プーチン大統領は親イスラム教だからそういうことには厳しくやっているのです。
現にソチは、イランなどに近いからイスラム教に配慮しているのは確かだし、プーチン大統領は同性愛で国が滅んだ事を知っているからロシア国民自体が同性愛に厳しい目で見ている。
だけどロシアは大規模な科学や技術は得意でリニアコライダーなどの設計もやっている。
更に宇宙産業などでは理系を大事にする風土がある。
一方、アメリカは弁護士ムラが強く、弁護士上層部に気に入られないとクビにされるし、再就職にも弁護士スキルをやたら要求してくるから理系だと不利になってしまう。
それを知っているからアメリカは、閉鎖的になるし、中村修二の発言に違和感を持ってしまう。
それだけアメリカは弁護士の利権が強すぎるのです。

4:匿名2015年7月10日 01:44 | 返信

※2ではないがどう考えてもロシアは排他的で人種差別激しい。見ず知らずのネオナチのスキンヘッド集団から突然暴行加えらたり最悪、殺されるんだろ?で、ネオナチ出現日を大使館が在露邦人に電話やメールで伝えると聞いたことあるが。実際自分はロシアへ旅行しに行った時、モスクワの地下鉄の電車内で見ず知らずの白人の乗客2人組に猿臭いだの鼻つまられ露骨な嫌がらせされられたわ。多分僕がロシア語知らないと思ってたのだろう。アメリカではそんな露骨な人種差別受けたことないな。あとロシアは他人に寛容という意見があるが同性愛に寛容なヨーロッパでもロシアだけが異常に同性愛に不寛容というデータが出てる。どちらにも住んだことない自分が言うのもなんだがアメリカよりロシアの方が閉鎖的かつ排他的だと思う。まぁどっちも好きな国だけど。

3:聖なる大国ロシア2015年7月 8日 18:53 | 返信

>>2

貴方は、ロシアが本物の理系社会であることとアメリカが弁護士ムラが強い文系社会であることを知らないの?
それにアメリカは自分達の都合で変えたり、自分達に服従しない人間にはすごく冷たい態度で平気で追い払おうとする。
女性も整形大好きで人種問わずブスばかりだよ。
ロシア人は賢いから初めは警戒心が強いが慣れてくると優しい態度で接してくれます。
女性も可愛い人が多く、慣れると大事にしてくれます。
アメリカ人は、表面的には態度が良く、表情も豊かに見えるがが中身は物凄く冷たい輩ばかりで、物事をハッキリさせたい割には、考えていない連中ばかりです。
人種差別もアメリカの方が酷いよ。
ロシアは差別と言っても警官が黒人を撃ち殺したり、アメリカでよくある弁護士ムラ連中が理系を門前払いはないでしょ。
ロシアは優秀な理系なら他国より大事にしてくれるが、アメリカは弁護士ムラを守りたいから理系を追い払おうとする行動が目立つのです。

2:匿名2015年6月 3日 13:31 | 返信

イランはともかくロシアが他人に寛容って笑 お前が馬鹿なのが明白だぞ
1度ロシア及びその類いの近辺へ行ってこいよ
ロシアほど対外的で排他的な国は他にないことが実感できるぞ
特にアジア人は本気で人として扱われないから

1:聖なる大国ロシア2015年6月 1日 21:24 | 返信

アメリカと言う国は、他人に寛容に見えて閉鎖的な国民性を持っている。
俗に秘密主義が強い国である。
だからスノーデンさんが盗聴を暴露したのは当然と言える。
それにアメリカの学歴主義は、専門性に見せかけた業界の村社会体質が強い為、自分たちと同じ学部出ないと拒否される。例えば、金融は金融専門が典型例。
例外として弁護士だけど、アメリカで工学部や科学部に進学すると就職で不利になるからアメリカ国民は理系に殆ど進学しません。
よってアメリカは、学歴社会且つ文系社会なのは間違いありません。
ロシアやイランの方が他人に寛容だったり、実力社会だと思います。
ロシアの方が科学者や技術者に優しいですから。
故に偏見が強い国なのは確かです。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。