>  >  > 全身シワシワの赤ん坊、育児放棄の末に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

インド

,

奇病

,

染色体

,

育児放棄

,

赤ちゃん

 私たちの想像を軽々と超えたニュースが次から次へと発信される神秘の国、インド。そんなアジアの大国から、今度は「シワシワの赤ちゃん」のニュースが飛び込んできた。しかも赤ちゃんは、謎の疾患のみならず両親から育児放棄されるという二重の苦しみを味わっているという。

wrinkly_2.jpg
画像は「The Daily Mirror」より引用

 放送局「TV9」の報道によると、シワシワの赤ちゃんは、約2週間前にインド西部・マハーラシュトラ州の小さな村で誕生した。妊娠7カ月での早産で、出生体重は800グラムの未熟児だったという。通常、赤ちゃんの肌は“ゆでたまご”に例えられるほど、ふっくらぷるぷるしているが、この女の子の肌は、まるで老人のようにシワだらけで乾燥している。異変に気づいた両親は凍りつき、噂はすぐに村中へと広まった。

wrinkly.jpg
画像は「The Daily Mirror」より引用

 赤ちゃんを見た村人は、何らかの病気がうつるのではないかと恐れて逃げ去ってしまう。それだけならまだしも、実の父と母(ともに25歳)さえ彼女を受け入れようとはしなかった。やがて両親は、名前も授けることなく育児を放棄。赤ちゃんのもとに残されたのは、祖父ただ1人となってしまう。

「息子夫婦は、定期健診のために村の医療センターを訪れていたようですが、医師たちからは異常について何も聞かされていなかったようです」
「2人が育児を放棄してしまい、本当に失望しています。しかし、私が彼女を助けるためにできる限りのことをしなければ」
「唯一の願いは、彼女が普通の人生を送れるようになることです」(祖父)

 両親の代わりに赤ちゃんを育てることを決意した祖父のDilip Dodeさん(50)。しかし彼にできたことは、スプーンなどを使って毎日ヤギのミルクを飲ませることくらいしかなかったようだ。次第に赤ちゃんの体調は悪化し、見かねた祖父は村から138km離れたムンバイのワディア小児病院へと走った。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。