>  >  > 首都直下地震がもたらす地獄の光景とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
bousai.jpg

 9月1日は「防災の日」。この日から1週間は防災週間として、さまざまな防災関連の催しがある。1923年(大正12年)9月1日、11時58分に発生した関東大震災にちなんだものだ。相模湾北西沖80kmを震源とするM7.9の地震は、神奈川県・東京府を中心に、日本災害史上最大級の被害をもたらした。関東大震災は海溝型地震だったが、もしも同規模の直下型地震が現在の首都圏を襲えば、より甚大な被害が出るものと予想される。そして現在、南関東でM7クラスの地震が発生する確率は、30年以内に70%とされ、過去の被害記録を塗り替える大災害が、いつ起きても不思議ではない状況にあるのだ。

 中央防災会議の首都直下地震対策検討ワーキンググループによると、首都直下地震の推定死者数は、最悪のパターンで2万3千人。だが、これは被害を建物倒壊と火災のみとした場合の数字だというから、鵜呑みにすることはできない。このように不完全な試算となっているのは、近代化した首都が直下型地震に襲われた前例がなく、被害想定を算出するデータがないということも一因として挙げられる。そのため、実際の被害は想定の数倍になるとの指摘もあるほどだ。今回は、いつか来る“その時”に、「想定外」の事態も含めて、どのような問題が発生するかを考えてみたい。


■1,000度を超える「火災旋風」

bousai_4.jpg
キャンベラ北部の山火事で発生した火災旋風(2003年)
画像は「Wikipedia」より引用

 関東大震災は、ちょうど昼食の時間帯だったこともあり、全体の犠牲者約10万人のうちの9割が火災によって命を落とした。次の首都直下地震でも、どれだけ火災による被害が出るかは、やはり地震発生の時間帯に左右されるが、最も多い死因は火災になるものと想定されている。地震後の火災で特に恐ろしいのは、「火災旋風」だ。これは、都市部での広域にわたる火災や山火事に伴い、炎を伴う旋風が発生し、さらに大きな被害をもたらす現象だ。旋風の温度は1,000度を超えるというが、その発生原因はよくわかっていない。

 関東大震災では、東京の100カ所、横浜の30カ所で火災旋風が発生している。墨田区の旧陸軍被服廠跡(ひふくしょうあと)では、避難していた約3万8千人が火災旋風で亡くなった。これは実に火災による死者の約3分の1にものぼる数だが、消防庁消防研究センターの篠原雅彦主任研究官は、「首都直下地震の時にも起きないとする理由は見当たらない」(『AERA』、2013年3月25日号)と語っている。

 都防災会議が1979年にまとめた「大震火災時における火災旋風の研究」という資料では、「数千あるいは数万の避難民を収容する現行避難場所は、果たして火災旋風に対しても安全なのであろうか。これは大地震対策上避けて通れない問題である」とし、都が指定している約200カ所の避難場所のうち、27カ所は火災旋風の観点から厳しい環境下にあるとしている。報告書に明記された7カ所は、すべて23区内にある避難所であり、計画ではそこに約31万人が避難することになっているのだ。ひとたび火災旋風が起きれば、関東大震災の時と同様に数万人規模の死者が出ることも覚悟しなければならないだろう。

関連キーワード

コメント

1:匿名2015年9月 1日 22:56 | 返信

朝鮮人大虐殺はなかった!

実際 朝鮮人によるお家乗っ取り・レイプ・強奪があったから 日本人は自衛しなければいけなかった!

そこに入り込んで盗みを働くような事をしたら殺される人もいたそうです。

当時の行政が朝鮮人を守る避難地域を作って 日本の税金で保護していたが『いい飯を喰わせろ!』『良い暮らしをさせろ!』『差別だ!』と騒ぎまくったのは調べると有名な話なようです。

現在 在○が日本人のふりして捏造歴史を子供たちに教えています。
(神○川県の女性高校教師が生徒に反日教育をしていたのは有名な話)

加害者なのに被害者ツラするのは、今も変わらないですよね!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。