>  >  > 赤い目…!? 1000年後の人類の姿に驚愕!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

人類

,

未来

,

,

科学

,

進化

,

遺伝

 iPS細胞、人工知能、ロボット……近年、科学技術はかつてないほど急速に進歩している。しかもそれらは、人間の暮らしに劇的な変化をもたらすことが確実なものばかりだ。このスピードで科学技術の革新が続くと、私たちの生活のみならず、身体にも大きな変化が訪れるようだ。今から1000年後の人類とは、一体どんな姿をしているのか? 科学の話題を発信し続けるカナダ人ユーチューバー「AsapSCIENCE」が、科学者たちの見解をまとめた動画を公開して話題になっている。

動画は「YouTube」より

 では、1000年後の人類の姿を整理してみよう。今月23日付の英紙「The Daily Mail」によると、これは米・ミズーリ州セントルイスにあるワシントン大学のアラン・クワン博士(計算ゲノム学)の説が元になっているようだ。

1000YearsLater.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用

【1000年後の人類】
・ 地球温暖化の影響で、肌はより暗い色になる
・ 地球温暖化の影響で、体格は細くなり、背も高くなる(熱の影響を受けにくいため)
・ 超小型ロボットが身体と統合する
・ 遺伝子変異によって、赤い目になる
・ 遺伝子操作によって、超人的能力を手に入れる
・ より賢く、体も強く、容姿端麗になる(受精卵の段階で遺伝子操作を行うデザイナーベビーの一般化)

 現在の人類と1000年前の人類の身体を比べても、恐らく大きく異なるわけではないだろう。しかしこれからの1000年では、遺伝子操作が一般的になり、一部がサイボーグ化するなど、劇的な変化が訪れるようだ。しかし、気候変動などの外的要因による変化も見逃せない。

関連キーワード

コメント

2:釣本直紀2016年3月19日 16:58 | 返信

>地球温暖化の影響で、体格は細くなり、背も高くなる(熱の影響を受けにくいため)

温暖化の影響を受けるならベルグマンの法則で体の体積は減るんじゃないか?

1:匿名2015年10月26日 11:22 | 返信

日本のマンガ・アニメキャラは、未来を先取りしているって事ですね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。