• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

2016

,

エコノミスト

,

予言

,

宇田川敬介

5145D-hm+bL.jpg
画像は、「2016世界はこうなる The World in 2016(日経BPムック) 」より

 毎年恒例、英紙「エコノミスト」が来たる年の世界情勢を予想する『世界はこうなる』シリーズの2016年版が日経BP社より刊行された。激動の世界情勢を予想し続けてきたこの増刊号は、表紙に数々の深い意味が散りばめられているとされ、旧ソ連の崩壊を予想していたことでも有名である。

 そして最新版の『2016世界はこうなる』(6ページ目)には、来年は「嘆き」「女性」「勝利」がキーワードになると記されている。では、その具体的内容を表紙から読み解くことができるか? ジャーナリストである筆者がイラストの深い意味を探ってみたいと思う。

 本題に入る前に、『2016世界はこうなる』表紙の原画は、本書4ページにも掲載されている横長のイラストであり、実際の表紙に用いられているのは、その左半分にすぎない。表紙では、ドイツのメルケル首相が中央に鎮座し、その両側に各国の首脳をはじめとする著名人が重なっている。しかし原画では、左側中心にメルケル首相、そして右側中心にはビル・クリントン元米国大統領の姿がある。そして、中央上部には日本の「五重塔」を思わせる赤い建造物が配置されているのだ。

内容は本書を読んでいただくことにして、今回はあくまでもこのイラストに込められた意図を解析してみよう。特に「人物たちの配列」「人物たちがカラーとモノクロに分かれている理由」そして最後に、「五重塔が何を意味しているのか」という点について考えてみたい。


■人物の配列に込められた意味

TheWorldIn2016.jpg
画像は「digital news agency」より引用

・左側は「国際政治の主役」 右側は「国際経済の主役」

 まず、なぜこの配列なのかという点である。『2016世界はこうなる』の表紙では、ドイツのメルケル首相を先頭に、左方向にヒラリー・クリントン、習近平、オバマ、そして安倍晋三とつながる。右方向にはイエレンFRB議長、インドのモディ首相、プーチン、そしてキャメロンと続く。

 これはまさに、来年の「国際政治の主役」が揃っているといえるだろう。それに対して原画の右側には、ビル・クリントン元大統領を先頭にして「国際経済の主役」が揃っているのだ。

関連キーワード

2016

コメント

4:匿名2016年12月 4日 16:08 | 返信

これ大外れだよな。そもそもトランプいないし
裏の人の力が弱まってるのかな

3:忍法無名2016年5月12日 00:00 | 返信

5月17日?に南海トラフ超巨大地震発生をデマだと
警報する動画が出来ました。

デマ情報だと言う所がミソなんです。

ぜひ拡散に、御協力お願い致します。


★☆★☆【南海トラフ超巨大地震 緊急デマ警報! 】★☆★☆

緊急デマ警報!緊急デマ警報!

南海トラフ超巨大地震が、起こるという、デマに注意
して下さい。
デマ情報に惑わされないように、あらかじめ「デマ」
だと皆さんで知っておいて下さい。

今度のデマは、5月17前後に、南海トラフ
超巨大地震が発生するというデマ情報です。


2016年5月17日南海トラフ巨大地震デマ警報_(日本語版_ver.1)
https://youtu.be/vQCaeIF8Pbs

-------------------------------------------
※勘違いされる方がおりますので、念のために付け加えておきます。
地震の予言は出来ません。5月17日に大地震が起きると断言する
ことが『デマ』なのです。5月17日に大地震が起きるか起きないかは、
神のみぞ知ることです。

2:棟形貴子2016年4月18日 14:29 | 返信

今年は、日本でみれば、年頭からの景気減速(株安・円高)、TPP、熊本大地震がありました。世界的に見れば、中国の景気減速や海洋進出、テロなど、時事的に追いつけないほどいろんなことが起きている。個人的に、人類が辿り着くところは、人間が平和的に共存できるようになる可能性は、今のところ難しいような気がするし、イスラム国と北朝鮮は、今後も行動がエスカレートするような気がします。日本は、格差社会の拡大、景気の失速、いよいよ日本国債の暴落が起きるんじゃないか。

1:匿名2016年1月 4日 22:27 | 返信

今年は何か起こりそう。
戦争かな?
でも結局は国民が、マスコミや政府に洗脳されなければ避けられるんじゃないかな?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。