>  >  > 北海道・震度5弱の前日に現れた「光柱」の謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

予知

,

光柱

,

北海道

,

地震

,

宏観異常現象

,

青森

 北海道や青森県で不穏な地震が相次いでいる。1月14日12:25ごろ、北海道浦河沖を震源とするM6.7の地震が発生し、函館市や青森県東通村では震度5弱の揺れが観測されたが、その3日前となる11日15:26ごろには、青森県三八上北地方を震源とするM4.6の地震が発生し、青森県南部町でやはり震度5弱の揺れが観測されている。数日の間に震度5レベルの地震が連続する状況に、さらなる大地震の発生を危惧する声も巻き起こっているようだ。


■地震前日、突如として現れた謎の「光柱」

LightPillar.jpg
光柱を伝えるニュース 画像は「朝日新聞」より引用

 そして今、13日夕方に目撃された“ある光景”が、14日の地震の前兆現象だったのではないかとしてにわかに注目を集めている。なんと、青森県三沢市の東の空に、突如として数本の“光の柱”が出現していたというのだ。朝日新聞によると、これは「光柱(こうちゅう)」と呼ばれる現象で、同市沖合で操業中だったイカ釣り漁船の漁火(いさりび)が光源だったと考えられるという。

 別名ライトピラーとも呼ばれる「光柱」現象だが、上空に六角板状や六角柱状の氷晶が存在する場合、光源がその氷晶に反射することで発生する。しかし、三沢市役所には津波の前触れではないかと疑う市民からの問い合わせも寄せられていたようだ。それもそのはず、東北大学アジア研究センターの地質学者・石渡明氏がまとめたホームページ「地震の前兆の可能性がある自然現象」によると、東日本大震災発生の前日(2011年3月10日)、宮城県南三陸町の岬の先で、光の柱が空に伸びていたことが判明しているという。この前例に鑑みても、三沢市の「光柱」が14日の地震発生を告げる前兆現象、すなわち「宏観異常現象」であった可能性は捨て切れないのではないか。


■サイエンス・ライターが解説、地震前の発光現象

 では、「光柱」とは、本当に地震発生の前兆現象たり得るものなのか? 仮にそうだとすれば、一体どのようなメカニズムで地質の異変が「光柱」の発生につながるのか? トカナでもお馴染みのサイエンス・ライター川口友万氏に尋ねたところ、次のような答えが返ってきた。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年11月23日 15:09 | 返信

寒い日に、沖合いのイカ釣り漁船の光が空中で光の柱になるアレねww
昔は、富山でもよく見えたよ。
よくある光学現象やし、こんなんで地震の前兆とか騒いどったら魂いくつあっても足りんわ。

ガチでやばいやつは、水平線近くに稲妻やフラッシュみたいな光がみえるタイプな。
昔何回か見かけたけど、そのたびに近海で大きい地震があったわ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。